10月31日 レースレポート 「第2回 JBCF おおいたサイクルロードレース」

voyAge cycling team 'roadracers' より野村彰浩が書いています。



2015年実業団レース最終戦である「第2回 JBCF おおいたサイクルロードレース」へ、幡司 勝(E2)、成田 恒輝(E2)、野村彰浩(E2)、渡部 譲二(E3)、田中 隆太(E3)、横手 徳広(E3)、以上6名の選手が参戦いたしました。
c0351373_23252211.jpg



まずは・・・私達のクラスタE2からスタートです。現地へは、前夜入り(深夜1時過ぎ)、翌朝4時45分起床的な・・・。会場開門6時後、「受付」「車検」「試走」「サイン」等、色々やる事も多く、あっと言ふ間に8時のスタートを迎えます。
c0351373_2330125.jpg



最終戦・・・。私の目標は3位入賞&昇格ですが・・・。現実は甘くはありません。1周4kmのコースを10周回します。とにかく、メイン集団から千切れない事! 最後まで耐えて、そこで「1撃」放つ事が出来れば・・・。昨年は、5周回で千切れた苦い「想ひ出」あります。今年こそは・・・。
c0351373_23364071.jpg



同じE2の幡司と成田と走ります。当日の仲間のコンディションはいつも確認します。幡司はいつも通りか、ピークから少し下がった感じか・・・。1周回目では先頭でスタート・ゴール地点を通過。MCからチーム名が呼ばれます(^◇^) 少々テンション上がります。
c0351373_23412019.jpg



成田のコンディションはまずまずの模様・・・。毎周回やってくる1kmの登りを、私も成田も「防戦」一方になる予感(^◇^)
c0351373_23441722.jpg



それにしても・・・。本当に苦しい((+_+)) 2周目以降地獄です・・・。適当に前の走者について走っていてはとてももたないので・・・。加減速を最小限に、登坂開始時の位置取りには特に気をつけて走ります。何周回目か、死んだ「親父」が見えました・・・。とにかく、絶対に「メイン集団」から千切れたくない・・・。
c0351373_23494773.jpg



前方から幡司が落ちてきました・・・。踏めてない模様・・・。抜き様に「た、耐えろ・・・。」言いましたがこっちも危ない((+_+)) なんとか、踏ん張れた模様。メイン集団最後尾で耐える3名。
c0351373_23543930.jpg



残り3周?4周? 「時が来たか・・・。」 我、メイン集団から千切れ始めました・・・。この時「レース終わったら死のう」とか、わりと思っていた自分が嫌になります。後ろからチームメイトの声ががががが。成田です。「§〈ΑΘΨΩ¶・・・」なんて言ってたのかよく聞き取れません(もしくは思い出せない)が、「ここ、頑張りましょう!」って言ってくれてたんだと思う。必死に成田の後輪にしがみつく・・・。成田も必死に私を集団に戻そうと・・・「ここで死んでもええわ」と言う気持ちで踏み倒しました(ペダリングは丁寧に)。オカゲでなんとか集団に復帰する事が出来ました。勢いよく集団に戻ったので最後尾よりはかなり前の方に戻れました。回復したところで後ろを確認したが・・・成田はいませんでした。涙出ました・・・。
c0351373_064548.jpg



集団復帰後、回復していましたが、最後のゴールへのスプリント(長めの登り)は私は踏み切れないだろう・・・。残り2周になった時、自分のやる事がわかった気がしました。ゴールスプリント前に、可能な限り幡司を集団より前へ運ぼうと思いました。実はこの時既に逃げ集団6名が決定的なモノになっていた為、7位争いではあったのですが・・・。ファイナルラップ、ゴールまであと半周くらいで・・・前へ上がりながら幡司に「行こう・・・」声をかけました。ついてきてるのを感じたので踏み倒しました・・・。多少集団は引き離しました。とても十分とは言えませんが・・・。行けるとこまで行って、発射させました・・・。私はここで力尽きました。幡司が勢いよく飛んで行きました。しばらくして集団も凄い勢いでそれを追いかけます。結局、ゴール前で幡司は集団につかまったようですが・・・。

19位 436 幡司 勝 広島県  voyAge cycling team 1:00:30 01:19 39.66
27位 438 野村 彰浩 広島県 voyAge cycling team 1:00:55 01:44 39.38
28位 437 成田 恒輝 広島県 voyAge cycling team 1:02:04 02:53 38.66
c0351373_030997.jpg



さぁ、夕方の最終レース。E3の始まりです。序盤、田中、横手、渡部3人共メイン集団にいます(本来居て当然なのだが(笑))ので安心(^◇^) 
c0351373_0363574.jpg



何周回目か? 渡部ががががが・・・。必死で応援するも・・・メイン集団から力尽きて逝った。そうなったら「完走」を目指すしかありません。実業団のレースは容赦ないので、規定の時間以上、先頭から送れると「バッサリ」切られて「DNF」と言ふ屈辱の称号が与えられます。「Did Not Finish」と言ふ・・・。
c0351373_0381887.jpg



ファイナルラップ? 少々位置取りミスった?横手がメイン集団から遅れていました。脚は残っていた模様ですが、些細な事でこの始末。本当にシビアだ・・・。
c0351373_044685.jpg



渡部は、千切れ集団に吸収されていました。大きな集団だったので、こちらも完走は大丈夫そうです。
c0351373_0451658.jpg



さぁ・・・。メイン集団で一人残った田中・・・。最後の登りスプリント開始時の位置取りが悪かった模様・・・。以下、E3結果。

11位 556 田中 隆太 広島県voyAge cycling team 53:41 00:09 40.22
21位 557 横手 徳広 広島県voyAge cycling team 54:10 00:38 39.87
38位 555 渡部 譲二 広島県voyAge cycling team 56:40 03:08 38.10
c0351373_0462765.jpg



今年の実業団レースはこれで終わりです・・・。チームメイト、監督やマネージャー。周囲の仲間や皆様のオカゲで、大きな怪我等無く、無事シーズンを終える事が出来た事を感謝いたします。そして、昇格のかかった最終戦・・・応援して下さった皆様。幡司選手は「E1」へ。渡部選手は「E2」へ上がる事ができそうです。ありがとうございました。これから、もっともっと走りを磨いて、様々な事を皆様にフィードバック出来るやう努力いたします。我々と一緒に走りましょう(^◇^)
c0351373_12922.jpg

by velocafevoyage | 2015-10-31 23:09 | voyAge roadracers | Comments(0)