5月29日開催「TSタカタサイクル耐久レース」のレースレポート

roadracers 佐久間大輔が書いています!


TSタカタサーキットでの2時間エンデューロは雨中の開催。前回大会は一般参加し2位になってvoyAge入りのきっかけの思い出深いレース。そんなレースをゲストライダーとして走る。実業団レーサーとして恥ずかしくない走りをすることと、怪我も治りきっていないし、奈良クリテも近いので絶対に落車しないことを2大命題に出走。
c0351373_1356534.jpg




作戦としてはキャプテンと野村代表が主で、自分は集団コントロールに努めるかたちで展開。序盤からキャプテンと野村代表が逃げを決め、自分は集団先頭で距離を保つ。しばらくすると逃げでまさかの落車。ここから中盤は落車もあり、回避のため、先頭とあえて距離を空けつつ一般の千切れそうな人をブリッジするサポートもしつつ先頭集団をうかがう。
c0351373_140353.jpg




終盤、いよいよ先頭集団も4人まで絞られその中には自分とキャプテンが。最後行けそうか?と聞かれたので、奥田先生の施術によって調子は上がっていたし、脚も残ってたので行くことに!さてどこでいくか?スプリントは肩痛いからいまいち。タカタの上りは得意なので、上りで踏んで後ろを確認してみると少し離れる。よし、上りで逃げよう。
c0351373_1415472.jpg




ラスト2周。コースに3つある上りで踏み倒す。ついてこないことを確認して続けてそのまま踏む。
コーナリングはバンク角浅め、フルブレーキだけどブレーキ効かない。安全に進入し立ち上がりで踏む。後ろを見ると全然追ってこない。最後までしっかり踏んでゴール。実業団レーサーらしい走りが魅せれたかは不明だが、前回大会でできなかったトップでのゴール。調子が上がってきていることは確認できた。
c0351373_1423895.jpg






続けてのTTTは更に過酷。雨は強い、ハンガーノック気味、2人落車、1人千切れ、残されたのは自分含め3人。死んでも千切れられない…。必死で弱音を吐きつつ付いてく。なんとか千切れずゴール。
c0351373_1491643.jpg


c0351373_1492858.jpg




今回参加されたみなさん、関係者のみなさん、お疲れ様でした。またみなさんとご一緒させて頂ける事をチーム一同、楽しみにしています。
c0351373_14104166.jpg





thankx for great photos,,, mr.skmr and mrs.Zhie
by velocafevoyage | 2016-06-08 14:11 | voyAge roadracers | Comments(0)