2016.7.10 さくらおろち湖サイクルロードレース

皆様、はじめまして。
先日からvoyAge cycling team のマネージャーになりました種子田です。

7月10日 炎天下の中、「さくらおろち湖サイクルロードレース🚴」が開催されました。

渡部選手・佐久間選手が選手権クラス(12.3㌔/周×5=61.5㌔)に出場のため、微力ですがマネージャーをしてみることに。

マネージャー目線で感じたことを苦手な日本語でレポートします。


当日5:30に監督が迎えに来てくれるため4:30起床し、入念に日焼け止めを塗ります。
入念にです。

8時頃には会場到着。
山奥のため涼しいかと思いきや、ジリジリと強い日差しで立ってるだけで体力消耗します。

渡部選手・佐久間選手は到着してすぐにアップを開始。
マネージャー新人の私は、監督と共に受け付けを済まします。
予備用ホイールに空気を、空気つぎだけは自信をもって入れれました。

今回のレースは1周回から4周回まで毎周回補給が認められてます。

この炎天下。
補給必須は新人でも理解できます。
今日一番の大仕事。
補給の受け渡しの練習を監督、渡部選手に指導していただき本番を迎えます。


本番の前に心強い応援団、渡部選手の御両親、お姉さん夫婦と甥っ子さんが到着しました。
渡部選手のレース姿を初めて見られるそうで、応援にも熱がはいります!

c0351373_15473470.jpg
スタート前の作戦会議


10:00 選手権クラスのスタートです。
私の戦いもスタートです。


補給を渡せなかったら選手は生きて戻れないかもしれません。
私も生きて広島に戻れないかもしれません。
監督と補給の準備をします。
渡部選手は予備の2本のボトルすべて氷水で用意し回収した1本目のボトルはアミノ酸入りのため洗って氷水。
佐久間選手は水色のボトル(粉入り)→紫のボトル(粉入り)→回収した赤のボトル(アミノ酸入り)を洗って氷水。

頭の弱い私の限界の挑戦です。

監督と補給失敗のパターンも考え、シュミレーションします。
監督が渡部選手の補給
私が佐久間選手の補給
でいくことへ。


[1周回]
緊張の中補給エリアに立ちます。
渡部選手・佐久間選手ともに先頭集団で帰ってきました!
いつもは声を出して応援するのですが、新人は緊張のあまり無言でボトルを差し出すのみです。

佐久間選手は笑ってるようにも見えました、、、
笑ってたと思うことにします。

両選手とも、遠目からみても汗が吹き出てるのがわかりましたが、補給は不要。


[2周回]
緊張も溶けかけます。
2周目からはストップウォッチの係りもあると聞き、再び緊張の予感が。
すかさず『ボトル渡しつつストップウォッチ見る自信がない、、、』と懇願します。
新人特権でまずはボトルに専念に。
私が両選手のボトル渡し、監督はボトル渡し失敗した時用とストップウォッチ係りをすることに。

そーこーしてると、先頭バイクが戻ってきます。
先頭4~5人に両選手はいません。
何人か通りすぎ、10番位の4人程度の集団に佐久間選手登場です。
やはり、笑顔に見えます。
私は手をあげ存在をアピール。
今日一の緊張Maxの中、初ボトル渡し成功。
佐久間選手も初ボトル受け取り成功。

c0351373_15473551.jpg
ボトルを渡す種子田マネージャーと受け取る佐久間選手



安心もつかの間、私の後ろにダンディな渡部選手のお父さんが、
お父様『あれかの?』
私 『・・・では、ないですね。』
お父様『あれかの?』
私 『・・・では、ないですね。』
を繰り返してるうちに渡部選手の登場です。
渡部選手へのボトル渡しも成功。


[3周回]
一時も曇りにならない炎天下でどの選手も疲労が伺えます。
再び補給エリアに立つと、ある一人の選手が
『どなたか、水をわけてください。水をお願いします』
と、悲痛の声が聞こえます。
私の左手に佐久間選手の粉入り紫ボトル。
右手に渡部選手の氷水ボトル。
あるっちゃあるけど、こちらも2名の選手の死活問題になるため渡せず。
隣にいたスポーツクラスを終えられた紳士が水を掛けてました。
補給がなくなった選手の姿を見て、必ず渡さなきゃいけないって強く思いました。

佐久間選手は同じような順位でボトル渡し成功。
やはり、笑ってるように、、いや、苦痛の表情にも見えてきました。

渡部選手は前周より少し下がり、下を向いてる事が多く感じました。
手をあげ存在をアピールしますが、左に寄ってきません。
先程のスポーツクラスの紳士から『気付いてないんじゃない?』と、アドバイスしていただき、
「ベーション!ベーション!!」と執拗に声をかけ、
渡部選手はしんどい登りのホームストレートで『つぎ・・・』と。

渡部選手が通りすぎたあと、『ワタナベーー!ワタナベーー!!』と、
息子を応援するお父様の熱い声援が聞こえました。
私まで嬉しく感じました。

c0351373_15473473.jpg
渡部選手


[4周回]
最後の補給の準備をします。
クーラーBOXの氷もほぼ溶けつつあり、大切な大切な氷を2つ落としてしまいます。
すかさず監督が拾い『渡部選手はお腹強いから!』と手で洗い、渡部選手のボトルへin。
知らぬが仏、、、私の好きな言葉です。

最終周回へも同じような位置、10番位の3~4人の集団で佐久間選手ボトル渡しへ。
さすがに、笑顔より苦痛の表情だと確信。
ラスト1周耐えてほしいです。

ストップウォッチ片手に監督が近寄ってきます。
『厳しいかも。あと、1分30秒、、』
このレースは先頭から10分経過するとDNFとなります。
ホームストレートに3名見えてきますが、渡部選手ではありません。
渡部選手が見えてきた頃には、赤旗を持った審判員がゴール前に立ちました。
渡部選手は、DNFと理解しつつも私のボトル渡し慣れのために、ボトルを受け取ってくれました。
さすが、我らのキャプテン。


[5周回ゴール]
先頭から10番位の3人程度の集団にいたと思われた佐久間選手は、やや下がり13位で無事完走✨

c0351373_15473433.jpg
ゴール前の佐久間選手


ボトル受け取りの度に減速しすぎて差が開いていた模様。
ボトル受け渡しの練習がしたいと思いました。

また、日焼け止めを入念に塗りましたが肩甲骨から頸にかけてヒリヒリときてます。こちらも練習が必要です。

今回、JBCFのレースではないためポイントはありませんが、長距離のレースはなかなかないため、レース経験をするため出場すると聞きました。
今日の走りが次のレースに繋がると信じてます。

<選手をサポートする>

この言葉を自信もって言えない新人マネージャーですが、
これからもvoyAge cycling team、マネージャーの
応援をよろしくお願いいたします。


種子田 幸恵。


<レース結果>
佐久間選手 13位
渡部選手 DNF

c0351373_15450191.jpg





おまけ
c0351373_15473554.jpg
渡部家(笑)

by velocafevoyage | 2016-07-11 19:00 | voyAge roadracers | Comments(0)