2016.09.11 第25回 JBCF 舞洲クリテリウム

voyAge cycling teamの成田恒輝です。

前日の個人タイムトライアルに引き続き、舞洲で開催されたクリテリウム。1周850mのコースを20〜35周する集団格闘技です。

TTとの連戦のためか、本日は珍しく午後スタート。ですから、まずはチームテントに集まり、ミーティング。クラスタごとに戦略、目標を共有しました。その後、E2メンバーを中心にローラーや会場でのアップをはじめました。特に今回のE2-1ではキャプテン渡部と代表野村、そして私が一緒に走ることになり、やる気に満ち溢れておりました。(代表と私はもはやクリテ系の腐れ縁です笑)

c0351373_21391395.jpeg
チームテントでの様子。

・E2-1
7、14、21周回にスプリント賞が設けられており、満足のいく練習ができない私は前方でチームアナウンスされることと7、14周回のスプリント賞を狙っていました。しかし、あと数人のところでフタをされ、失敗。一方で野村はきっちり前方で走り何度もアナウンスされ、渡部は波を立てず常に先頭集団で力を貯めておりました。結局無冠の完走でしたが、集団の活性化には大きく貢献できました。

c0351373_21410762.jpeg
先頭集団でじっと機をうかがうキャプテン渡部。

c0351373_21554340.jpeg
鋭い加速で後方を千切り先頭にも出た代表野村。

c0351373_21560940.jpeg
走れている仲間二人に追いつこうとする成田。

・E2-2
先月の維新クリテで昇格した若林は単独参戦。序盤は少し後方かと思われる位置取りでしたが、地脚と経験を生かして徐々に前方へ。そしてなんと7周回のスプリント賞を1位で通過しました!(1〜3位まで入賞)会場が見通しの良い周回コースなので、一部始終を見れてとても興奮しました。

c0351373_21491302.jpeg
スプリント賞のラインを超え、誇らしい若林。おめでとうございます!

・E3-1
維新クリテから新車に乗り換えた和田は、フレームに十分順応していないなか大阪まで遥々遠征しました。結果は残念でしたが、目標だったスプリント賞を狙う動きも見せ、次のレースがすごく楽しみです。

c0351373_21522762.jpeg
スプリント賞に絡むため、果敢に松山聖陵と競り合う和田。

・E3-3
日差しも和らいできた頃、最終出走の佐久間が入念なアップを済ませ、戦地へ赴いていきました。維新クリテをステップに今回の舞洲で狙うとの目標通り、序盤から位置取りを上げていきましたが途中下がりすぎてしまった周回もあり、集団ゴールとなりました。

c0351373_21520779.jpeg
愛車の威力も相まってストレートで抜きんでる佐久間。

私は今回のレースで今季を終えました。二戦しか出られませんでしたが、練習不足のなかどうにか完走できたのはよかったです。voyAge cycling teamとしては昇格者/入賞者も出てきて、レースでもたびたびアナウンスもされるようになってきました。さらに精進してまいりますので、これからもますますのご声援をよろしくお願いします。

c0351373_21533162.jpeg

【結果】
・E2-1
14位 渡部譲二 30:36
29位 成田恒輝 30:39
33位 野村彰浩 30:41

・E2-2
39位 若林孝紀 30:53

・E3-1
DNF 和田寛司

・E3-3
29位 佐久間大輔 24:24

c0351373_22122948.jpeg
おまけ:「あなたと私と観音様」某メーカーの奇跡的コラボ。フレーム角なんて…た、たまらんわ〜笑

by velocafevoyage | 2016-09-20 21:37 | voyAge roadracers | Comments(0)