カテゴリ:voyAge roadracers( 64 )

4月16日〜17日 レースレポ 第5回 JBCF チームタイムトライアル南紀白浜&第6回 JBCF 白浜クリテリウム


九州、熊本では地震の被害が深刻となり心配ですね。
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。


さて、私たちは16,17日の2戦続く白浜のレースに行ってきました。
渡部キャプテンと幡司選手、監督の私の3名です。


白浜までは車で約6時間くらい…16日の朝から監督会議が始まるので、金曜日の夜出発することにしました。
早く白浜に到着して、身体を休ませようという作戦でした。

夜11時くらいに広島を出発して、順調に白浜へ向かっていましたが、
深夜、前日の地震に続き、またしても熊本で地震。
続く余震情報に離れた地にいる私たちも不安になりながら、運転していました。
調べると広島でも震度4の揺れだったと。。。

岸和田まで到着した時、無情にもついに渡部キャプテンに地震対応のために帰って来いと職場から連絡が。
ある程度予測はしていましたが、後少しで和歌山というところで職務により無念のとんぼ帰りとなりました。

新幹線で帰る渡部キャプテンを新大阪駅まで戻って送り届け、そこからまた白浜へ向かいます。

朝8時過ぎ、ようやく白浜のレース会場に到着しました。
もうゆっくり休む暇もありません。


しかも、白浜はものすごい強風ヽ(*´Д`*)ノあ〜れ〜
ホイールも飛ばされそうです。。。

試走が始まってみると、やはりみんなしんどそう。
白浜のコースは細長〜いオーバルコース。
ほぼ180度のターンとなっていて、平坦基調ですが、緩やかな登りと下りです。

残念ながら登りが向かい風(^_^;)
ダンシングする人もいます。

c0351373_21373982.jpg
試走する幡司選手


海岸沿いのため、例年強風ですが、風はどんどん強くなり、レースが始まる頃には昨年のタイムが全く参考にならないほどの爆風になっていました。

いつもレース前は結構緊張気味の幡司選手ですが、スタート前の若干のトラブルがありつつも意外と落ち着いているからこれはいけると確信。

別クラスタの選手のタイムから5分台で入るのが厳しいことがわかりましたが、スタート直前に「5分台で帰って来い」と手のひらを「5」とすると、しっかりとうなづく幡司選手。

c0351373_00031378.jpg
スタート Photo by nanaco


向かい風に向かってのスタートだけど、まずまずの出だし。

下りは十分踏んで、コーナーを膨らまないように小さくターン。

折り返して1周目2分50秒。
よし、3分切ってる!

c0351373_00075391.jpg
力を出し切る登り Photo by Takagi Boss


2周目、正直ここでへばってる選手も多くいて、「タイムトライアルのレースとは思えない」なんて声も聞こえてきました。
(※注 強風の影響で)


でもさすがは幡司選手。
苦しい表情ながらも、私の前を一瞬にして通り過ぎゴール!!


結果は5分57秒14。
5分台やってくれました。
ちなみにE1では5分台でゴールしたのは61名中23名。

調子もあまり上がっていない中では満足いく結果だったと思います。
(しかも長時間の運転に不眠不休で!)


この調子でなんだかクリテリウムもいける気がする!


と思っていましたが、残念ながら翌日のクリテリウムは強風のため、開催中止となりました。
せっかくここまで来たからには開催してほしいという意見もあったようですが、やはり安全面の確保ができないということで、おそらく事務局も苦渋の決断で中止の通達をしたのでしょう。


中止は残念だけど、そうとわかれば広島に帰りましょ。。。

渡部キャプテン・・・がいないからなんと幡司選手と私の2人で500キロ!?
途方に暮れるところ、なんと同じ広島のチームのTeam Kermis Crossより運転交代しながら帰ろうと優しいお言葉。


たくさんの声援や別のチームでも助けてくれる仲間たち、本当にいろんな人に助けられてるなと実感しました。


さてさて、次はいよいよ第二のホームと言っても過言ではない、山口きらら浜でのレースです。
voyAge cycling team 実業団チームからは11名の選手が出場する予定です!!


たくさんの応援、よろしくお願いします!!


渡部寛子



✳︎レース結果✳︎

4/16
第5回 JBCF チームタイムトライアル南紀白浜
個人TT 2㎞×2周 4㎞
E1 幡司勝選手 20位 5:57.14 +top 00:21


4/17
第6回 JBCF 白浜クリテリウム
開催中止


c0351373_00554631.jpg
あまりの爆風にテンション上がるの図(笑)


by velocafevoyage | 2016-04-19 01:05 | voyAge roadracers | Comments(0)

4月10日 レースレポ 第7回 JBCF 伊吹山ドライブウェイヒルクライム


幡司です。

伊吹山ヒルクライムにチームで参加しました。

参加選手は佐久間選手、佐々木選手、幡司です。

15㎞のヒルクライムは広島では体験できない距離。

レースはお昼過ぎからなのでのんびりできました。

ゆっくり朝食を食べて会場に行ってゆっくりアップ。

c0351373_23051933.jpg
スタート前の佐久間選手と佐々木選手



スタート時間が遅れて2時過ぎにスタート。

ペースは速いと感じなかったけど自分の体重には勝てずどんどん後退して一人旅に…
ゴールまで長かった…

佐久間選手、佐々木選手も無事にゴール。


レース結果は完走しただけでしたが、
練習では得られない経験をレースに出てしたと思います。

この経験を生かして次のレースを走りたいと思います。

たくさんの応援ありがとうございました。


幡司勝

✳︎レース結果✳︎

E1 幡司勝 41位 59:14 +top13:46

E3 佐々木均 44位 53:44 +8:28
E3 佐久間大輔 62位 55:19 +10:03



by velocafevoyage | 2016-04-13 23:13 | voyAge roadracers | Comments(0)

4月2日〜3日 レースレポ 第2回JBCF舞洲タイムトライアル&第24回JBCF舞洲クリテリウム

今季よりvoyAge cycling team 実業団チームのメンバーとなりました佐久間です。

4/2,3に開催された舞洲タイムトライアル&舞洲クリテリウムに実業団登録レース初参戦しました。


4月2日 タイムトライアル

試走時に感じたことはタイムトライアルというよりタイムアタック。

タイムを削るのが難しく、コーナーの処理での少しのロスが大幅な遅れになる印象。

一定出力を出し続ける独走力よりも0か100かの連続スプリント力やタイトコーナーの処理と立ち上がりのうまさが重要だった。

事前に聞いていた話でタイムトライアル用のバイクよりロードバイクのほうが向いていると考えたとおりで、借りていったDHバーをつけるかどうか迷ったが、寸法的にひっかかりそうだったので外した。

装着して走ったこともないので操作ミスしてしまうことも不安だったので慣れた状態で挑んだ。

荷降ろし、受付、試走からスタートまで時間もなく、ほぼアップなくスタートすることになった。


c0351373_00200618.jpg
佐久間選手


スタートしてすぐアップとインターバル練をしていなかったことを後悔した。

試走したときに想像したよりも、もがいて止まってもがいて止まってが厳しい!

最近は野村代表のアドバイスに基づき空力を意識したフォームを心がけるようにしたおかげで上体を伏せることは自然にできたが、想定より厳しいことから焦ってしまい、腹筋等を意識した体全体を使うペダリングができていなかった。

自分なりに出し切ったつもりだったが、コーナーの処理で速度を落としすぎたこともあり、タイムは伸びずトップから約8秒落ちで21位と残念な結果に。


走って感じたのは、直線自体は長いので、やはりDHバーはつけるべきでした。

つけたほうが自然と体幹を意識したペダリングができたと感じました。

あとはアップでは一度最大心拍まで上げておくことが大事とあらためて実感。

練習ではインターバル走を積極的にやったり、タイトコーナーの処理の練習も必要だと思いました。

総じてあらゆる方面で準備が足りていませんでした。

今後は事前にコースに合わせた準備を怠らないようにします。


c0351373_00201417.jpg
渡部選手



4月3日 クリテリウム

試走して感じたのは、コース自体は単純なレイアウトだが、第1、2コーナーは広いが、最終3、4コーナーは狭く、特に最終は出口が狭かったり段差があったりと危険なコーナーだと感じた。

実際他のクラスのレースを見ていると立ち上がりでの落車が目立った。


E2を走ったキャプテンのアドバイスにてコーナーでの位置取りはIN側のほうが立ち上がりで自由に動けるとのこと。

c0351373_00202814.jpg
渡部選手


それを受け、落車もしにくいと判断し、インターバル走のようになるのを覚悟でIN側で展開するようにしてみた。

言ってるそばからE3の1組目でニュートラルになるような落車が発生。

余計に落車の恐怖が強まる。天気は幸いもちそうだが、正直ワクワク感より恐怖からくる不安のほうが上回っていた。


スタートしペースが上がるとさっそく最終立ち上がりで外に出てしまう選手がいたりと荒れ模様。

つらいのを覚悟のうえで先頭が見えなくならないような位置で周囲の状況把握に神経を尖らせて安全に走る。

野村代表にレクチャーいただいたとおりに脚を止めずにブレーキでペースを調整することを心がけたり、コーナー進入時に声を出して自分の存在をアピールしたり、ブレーキ時も声を出してアピールする等を徹底して安全に配慮した。


c0351373_00202186.jpg
佐久間選手


ラインは終始INベタでコンパクトに安全に。

INからの立ち上がりは踏むのが遅れるので毎度空気抵抗をもろに受けて常に消耗するものの、それでもなんとかコーナー進入時には追いついて集団に貼りついていく。


そして残り半分を過ぎたところで1コーナー進入手前の直線アウト側で大きな落車が発生し、ニュートラル。

常に気を張って前とまわりをしっかり見ていたおかげで巻き込まれることなく一旦スタート待機。

そこからのリスタートでは中盤程に位置したせいでここからもつらいINからの加減速リピート。

このままじゃ消耗して終わると考え、まわりの空間に注意し、チャンスを見計らって1コーナーでアウト側からノンブレーキで進入し、自然と空いたスペースで踏んでいくと楽に先頭真横まで出ることができた。


今思えばここでそのまま踏んで先頭を牽くところまで出ればよかったと猛省。

最終コーナー処理の際に安全に行き過ぎて再度下がってしまった。

その後は何もできないままだったが、最終ラップに入る手前でも最終コーナーアウト側で落車。

そういったのを避けることで精いっぱいになってしまい、先頭から13秒離れて40位でのゴール。


落車は回避できたものの、順位には絡めず、初の実業団レースは完走ポイントのみの冴えない結果で幕を閉じました。


二日間を通じて経験の圧倒的足りなさを思い知る結果となりました。

今後のレースやチーム練等で、集団での位置取りや消耗しない走り方、踏み所をモノにする嗅覚や、仕掛けどころを見極めていくことを身につけていきたいと強く感じました。

きらら浜まで時間が若干あるので、しっかり練習して臨みたいです。


また、今週末は伊吹山ヒルクライム。

群馬にいたころに培ったヒルクライムの経験を活かして、 しっかり上ってきたいと思います!


以上、今後もより一層がんばっていきますので、応援よろしくお願いします!


佐久間大輔


✳︎レース結果✳︎

4/2 タイムトライアル

個人TT 1周 2㎞

E2 17位 渡部譲二 3:08.754 +top00:09

E3 21位 佐久間大輔 3:07.754 +top00:08


4/3 クリテリウム

E2 21.25㎞ E3 17㎞

E2-2組 45位 渡部譲二 29:31 +top00:10

E3-2組 40位 佐久間大輔 31:56+top00:13


c0351373_00211600.jpg


by velocafevoyage | 2016-04-06 00:27 | voyAge roadracers | Comments(0)

3月13日(日)レースレポ「西日本チャレンジサイクルロードレース」

今期から入団しましたvoyAge cycling team 佐々木均です。

3/20から開幕する実業団レースの前哨戦となる西日本チャレンジサイクルロードレースに参加してきました。


voyAge cycling teamからは7選手が参加しました。

A-Eクラス(12.3㎞×5周回) スタート12:20
齋藤俊輔選手
秋嶋優佑選手
佐久間大輔選手
佐々木均
樋原祐司選手
若林孝紀選手
渡部譲二選手


10時30分に会場に到着し11時からチームミーティングを行います。
監督から今日のレース注意事項、確認事項を聞いて、目標などをチームメイトと共有しておきます。
今回のレースは地元VICTOIRE広島をはじめ、マトリックスパワータグ、シマノレーシングなど、Jプロツアーに参戦する選手が多数出場し、足切りが先頭から10分遅れという条件に加え131人エントリーのため完走も難しい厳しいレースが予想されます。
おのおの実走やローラー台でアップをスタートまで開始。
私は駐車場付近の坂を4本ほど上ってアップ。
良くもなく悪くもないまずまずのコンディションの感覚でした。
スタートラインに並ぶのが遅くなってしまい、佐久間選手と中ほどから後方に位置します。
5名の選手は2~3列目あたりに位置していました。
12時20分いよいよスタート。
第1コーナーに入った直後前方で単独の落車が発生。
これをかわし下りに入りますが、集団は長く伸びていてほぼ最後方に。
下りの速度は上がらず、近くにいたはずの佐久間選手もいつの間にか見当たりません。

平地と上りで踏んで徐々に順位を上げてくと渡部選手と佐久間選手と合流。
3段坂まで走り、上りはじめで秋嶋選手を確認。
佐久間選手と話して私は1人抜け出し、単独で3段坂をパスしました。

c0351373_22531294.jpg
佐々木選手
photo by narita

c0351373_22531268.jpg
佐久間選手
photo by narita

c0351373_22531205.jpg
渡部選手
photo by fujita

c0351373_22531136.jpg
秋嶋選手
photo by fujita



そのまま下っていると別チームの4名に吸収されて協調して走る事になります。
ローテの方法やペースなどを話ながら、私は積極的に平地と上りを牽いて下りは後方で温存させてもらいます。
2周目で左足ふくろはぎがつりかけますが、ペダリングを変えながらだましだまし走って3周目終盤にはなんとか回復。
5人の小集団のため前方の選手を少しずつパスして行きます。

c0351373_22531235.jpg
齋藤選手
photo by narita

c0351373_22531282.jpg
若林選手
photo by ootsubo

c0351373_22531152.jpg
樋原選手
photo by narita


結果的にこの4名と4周目まで協調出来たことが良かった。
ラスト1周はばらけてしまい、私も中盤から単独となり最後はもがいてそのままゴール。
ゴール後に2~4周回を一緒に走った選手たちとがっちり握手。
健闘を称えあいました。

完走できた事、他チームの人と話しながら協調できた事は今回のレースの収穫でした。
一方でスタートの位置取り、下りのテクニック、足が攣ってしまった事に対するコンディション調整は課題です。

また、今回のA-Eクラスは2周回完了から4周回まで補給(サポート)が認められていました。
私もホームストレートで3周回目と4周回目ボトルの受け取りにチャレンジしました。

結果は。。。2回ともハイタッチしました!!(2回とも受け取れませんでした。。。)
ボトルがツルツルすぎた、ボトルをつかむ位置が悪かったなど原因はいろいろありますが、補給ができないと走りに影響が出てしまう重要な要素。受け取りも練習していきます! 最後になりましたが、三段坂や、ホームストレートなどなど至るところでvoyAge cycling teamを応援していただきありがとうございました。
熱い声援が聞こえるたびに何度もパワーをいただき走ることができました!

いよいよ今年の実業団レースが始まります。
これからも応援よろしくおねがいします!


佐々木均


✳︎レース結果✳︎
51位 齋藤俊輔 1:36:17
83位 佐々木均 1:46:49
DNF 樋原祐司 ※落車による
DNF 若林孝則 ※落車による
DNF佐久間大輔
DNF 渡部譲二
DNF 秋嶋雄祐

c0351373_23021285.jpg
「サイクルハート」さんより貸し出しいただいた「SPARTAN POWERモデル」
カーボンフレームに楕円リングで乗り心地は軽量ロード!
たくさんの方に試乗いただきました♪


by velocafevoyage | 2016-03-14 23:08 | voyAge roadracers | Comments(0)

チームパートナーのご案内


こんにちは!

今日は「voyAge cycling team実業団チームのチームパートナーについてのご案内をさせてください。


ロードレースは世界一過酷なスポーツとよく言われますが、

私たちも今シーズン、更なる飛躍をするために大きな目標を持って、

いよいよその過酷なシーズンの幕開けを迎えようとしています。



「最強」「最高にハッピー」なチームを作ろう!

そんな言葉と共に私たちは集まりました。


誰よりも『強く!』『速く!』、

ロードレーサーたちの目標となる存在になれるように!


そして、自転車を通じて、私たちにできることを私たちの方法で、

応援してくれる仲間たちと共にハッピーであるように!



これから、レース活動はもちろんですが、これまで以上に地域活動にも力を入れて取り組み、

自転車業界の躍進や、他の交通機関や交通事情との調和を目指し地域活性化に繋げていきたいと思います。



まだまだ始まったばかりの私たちですが、期待には必ず応えます!

どうぞ私たちの応援をよろしくお願いいたします!



<チームパートナーについて>


*パートナー契約*

 1口から承ります

 1口 1,000

 契約期間:20161231日まで

 ※随時募集しています


*スポンサー企業*

 ポロシャツ協賛

 募集期間:2016331日まで

 契約期間:20161231日まで

 詳細については別途ご説明いたしますので、ご連絡いただければ幸いです。



ご支援いただいた費用は、以下の内容に活用させていただきます。


◆活動サポート運営費

 ・活動費、機材費、遠征費、運搬車両費
◆スポンサード

 ・自転車機材、装備品、車両、補給品等

◆チームスタッフ 

 ・運営費(販促費、人件費、設備費、管理費)


<チームパートナー申込書>

c0351373_20354314.jpg



ダウンロードはこちら↓

https://drive.google.com/file/d/0B9wZzv7kVvZuRXhsUnRGcFI5Wnc/view?usp=sharing



以上、よろしくお願いいたします。




いつも思うことは、皆さんの応援があってこそ私たちは頑張れる。

応援してくれる仲間がいることが私たちの何よりの強みです。



代表 野村彰浩

監督 渡部寛子


by velocafevoyage | 2016-03-08 20:38 | voyAge roadracers | Comments(0)

2月21日(日) 「第1回 ひろしまバイク&自転車フェスタ」参加


昨日、中小企業会館で開催された『第1回 ひろしまバイク&自転車フェスタ』にvoyAge cycling teamで参加しました!

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました*\(^o^)/*

ロードバイク、ケイリン、トライアルバイク、BMX・・・などなど、
いろんな種類の自転車が集まっていて、ブースを出してた私たちもとっても楽しめました。

私たちは「voyAge cycling team」実業団チームのPRと、voyAgeコーヒーのカフェを出店しておりました。

c0351373_23372462.jpeg
ブースの様子


ブースでは秋嶋選手による実業団選手のかっこいい3本ローラーデモンストレーションや幡司選手のかっちょいいTTバイクの展示、
会場に来ていただいた方の固定ローラーでの「最高速チャレンジ」など実施したのですが、
1番はじめにチャレンジしていただいた方がいきなり50キロ台で選手たちはたじたじ(^_^;)

それは参考タイムとして出していた選手たちの記録に近いもので、選手たちは自分の記録を塗り替えるべく必死になっていました(笑)

c0351373_23124934.jpg
記録を塗り替えて喜ぶ選手(笑)


最高速チャレンジで思いの外、力を使った選手たちでしたが、
ケイリン体験コーナーで選手同士の対決で注目を集めたり、
トライアルバイクで素晴らしい体幹を魅せたりと会場の盛り上げに徹してくれました。

c0351373_23163671.jpg
ケイリン体験コーナーで実況つきの対決

c0351373_23183883.jpg
スカウトされるほどの腕前の山田選手


そして今回、嬉しいご縁がありました✨
なんと、オリジナルカーボンフレームの製作や自転車レンタルサービスをされている『サイクルハート』さんからvoyAge cycling team実業団チームのスポンサーにとお申出いただきました٩(˃̶͈̀௰˂̶͈́)و
まだまだこれからの私たちにぜひ支援をと言っていただいたことに感謝です。
ありがとうございます!!

c0351373_23201693.jpg
小径車では稀なカーボンフレームのミニベロ
「SPARTAN(スパルタン)」が一押し商品♪
ミニベロとは思えない軽さです!!ロゴのハートもかわいい❤︎


今回のバイクフェスタでたくさんの方とお話しできて、
私たちを応援してくれている人は私たちが思っている以上にたくさんいて、
そして私たちにできることもまだまだたくさんあるんだなぁと実感しました。


いよいよ来月シーズン開幕となります。
新たなシーズン、レース活動はもちろんですが、自転車を通していろんな場面で活動していきたいと思います。
応援よろしくお願いいたします‼️


渡部寛子

c0351373_23414732.jpg
おまけ

by velocafevoyage | 2016-02-22 23:50 | voyAge roadracers | Comments(0)

きらら浜サイクルミーティング レースレポート

voyAge cycling team 齋藤が書いています!



2/21(日) に行われた、きらら浜サイクルミーティングに参加しました。

参加した選手は以下の4人です。

スポーツクラス(6周13.8㎞)佐々木均選手

2時間エンデューロソロ(2時間耐久) 齋藤・佐久間大輔選手・樋原裕司選手


以下、レースレポートです。

11時に会場に到着。樋原選手と合流し、アップがてら会場周辺を走るが‥いつもどおりの強風。向かい風の時に走るのがツライのはもちろん、横風もかなりあおられるため「集団が割れそうですねー、気をつけましょう。」と話しながらアップを終える。

11時55分、佐々木選手が出場するスポーツクラスがスタート。すると1周目を終えた時点で集団が4つくらいに分裂していた。分裂することになるとは思っていたが、こんなに早く分裂するとは思わなかった。距離が13㎞ほどと短く全体のペースが速かったからなのかもしれない。佐々木選手は前から2番目の集団に入ってしまっていてなかなか前にはあがれない。そして集団は分裂したままそのままゴール。一度先頭集団から離れてしまうと復帰は難しい。

次に12時32分、齋藤・佐久間選手・樋原選手が出場する2時間エンデューロがスタート。2時間も走るのだから最初はゆっくりと‥はならずコーナーを過ぎてからの立ち上がりで毎回ペースがあがりほぼスプリントをしないとついていけない。強制インターバル練習という感じ。

c0351373_19015022.jpg
             前に食らいつく樋原選手

c0351373_19322103.jpg
単独で前を追う佐久間選手
c0351373_19320127.jpg
              集団内になんとか残る


開始後20分ほどで何人かのアタックをきっかけに先頭集団が分裂する。アタックについていくタイミングが遅れて後ろに取り残されかけるが、「ここで後ろにいたらレースが終わってしまう!」と思い必死に前を追う。なんとか前の集団に追いつくがここでほとんどの力を使ってしまった。その後スタートから1時間ほどを過ぎたところで集団のペースが一気に下がり、サイクリングみたいな状態になる。「抜け出すチャンス!」と思うが「まだ1時間もあるしなー。」と弱気になり結局仕掛けず。ここでアタックできなかったのがもったいない。ラスト20分ほどで優勝した日野選手が単独で抜け出す。単独なので捕まえられると思ったが、1周2周と周回を重ねるごとに差が開いていく。ヴィクトワール広島の西川選手が「みんなで追いつこう!」と言って集団をまとめてくれようとするがみんな疲れているのか、力を使いたくないのか上手く協力できない。自分自身も足が攣りかけていて積極的に前を牽けない。さらにラスト2周となったところで西川選手が抜け出す。無理をしてでも追わなければいけなかったのだが足が攣るのが怖く追えなかった。結局そのまま離れてしまい終了。


集団内での位置取り、力を使わなければいけない場面の見極めの大切さ等反省点の多いレースでした。次のレースは3月13日(日)に広島森林公園で行われる西日本チャレンジです。voyage cycling teamの選手が多く出場するので応援よろしくお願いします!


齋藤俊輔


✳︎レース結果✳︎

2時間エンデューロ

  1位 日野竜嘉 松山聖陵高校

  2位 西川昌宏 VICTOIRE広島

  3位 中田拓也 VC Fukuoka

  4位 西寅太郎 Neilpryde-Nanshin Subaru Cycling Team

  5位 齋藤俊輔 voyAge cycling team

  6位 佐藤健  九州学院

  7位 廣田力也 VC Fukuoka

 8位 今泉喜樹

 9位 石堂大悟 ヴィクトワールしまなみ

 10位 武久弘太 VICTOIRE広島

 15位 佐久間大輔 voyAge cycling team

 19位 樋原祐司 voyAge cycling team


スポーツ

 36位 佐々木均 voyAge cycling team



by velocafevoyage | 2016-02-22 19:50 | voyAge roadracers | Comments(0)

「TSタカタ・サイクル耐久レース」開催予定のお知らせ

「voyAge cycling team」実業団チームからのお知らせです。


2016年開催予定 5月29日(日)
"TSタカタ サイクル耐久レース" 開催!暫定発表です。

...

新カテゴリー 
・チームTT(タイムトライアル)
・ロードスポーツ 小学生の部(低学年と高学年の2クラス)

「voyAge cycling team」実業団チームは
TSタカタ サイクル耐久レースに 2016年も協賛・協力しています!

※変更になる内容がありますので、ご注意ください。
※正式発表は3月に予定しております。


c0351373_16464016.jpg


by velocafevoyage | 2016-02-19 16:48 | voyAge roadracers | Comments(0)

2月13日(土)「チーム・アテンダント講習会」参加


昨日大阪で開催された、JBCF(全日本実業団自転車競技連盟)主催のJCF(日本自転車競技連盟)公認 チーム・アテンダント講習会(長っ💦)なるものを受講してきました!


今後JBCFレースにおいて、重要な資格となる『チーム・アテンダント』ライセンス取得のため、チームからは渡部キャプテン、横手選手と私の3名が行ってきました。


8時間にもおよぶ講習は、今までのレース参加で知り得たこともはじめて知ることもありましたが、改めてなぜ競技規則が必要なのか、これから日本の自転車競技をどのように発展させていきたいかなどわかり、とても勉強になりました。


講師の方は話し方こそ静かに淡々としていましたが、その中に自転車競技の精神的な部分に熱い思いを持ってらっしゃるのが伝わってきて、私は何度も強くうなづき、思わず講師の方と見つめ合ってしまったり(笑)気のせい!?


c0351373_23080113.jpeg
講習の模様


しかし、テキストは「競技規則集」。
250ページを超える分厚さに一瞬気が遠のく場面もありましたが、なんと最後には試験もあるとのことで、必死に集中!

大阪まで来て試験に落っこちたら帰ってみんなに合わせる顔がない(>o<)

ドキドキしながらの試験もみんな無事合格し、胸を撫で下ろしました。

c0351373_23095470.jpeg
競技規則集、大切なことがたくさん書いてあります。
しっかり読まなきゃいけませんね(^_^;)


試験の後には「アンチ・ドーピング」の講習会も。
みんなドーピングはイケナイことってのは知ってるけれど、実は身近な風邪薬とかにも禁止物質が入っている可能性があるって知っていますか?

調子が悪い時には薬やサプリに頼ることも必要ですが、日頃から自分が飲む薬にどんな成分が入っているのか気をつけておくことが大切ですよ!!(早速受け売りですが)

このブログを読んでくれている方の中にも自転車に限らず、スポーツ競技者の方がたくさんいると思いますので、参考までに薬の名前を入れると禁止物質が入っていないかどうか調べられるサイトをリンクしておきますね。
ご活用ください!





いつも手探りでのサポートでしたが、チームスタッフの義務をきちんと理解することで、これまでの反省と、重要な責任を負っているんだということを自覚しながら、これからさらに細やかなサポートに繋げていきたいと思います!

チームとしての活動はもちろんですが、広島の自転車業界の躍進、さらには日本における自転車競技の啓蒙について、小さな炎が点火した日でした。


渡部寛子

c0351373_23091064.jpeg

by velocafevoyage | 2016-02-14 23:44 | voyAge roadracers | Comments(0)

第一回 "ひろしまバイク&自転車フェスタ"参加出展のお知らせ

「第一回 "ひろしまバイク&自転車フェスタ"参加出展のお知らせ」

来る 2月21日(日)voyAge cycling 実業団 team & velo cafe voyAge は、"ひろしまバイク&自転車フェスタ"に参加出展致します。
楽しい時間を ご一緒しませんか!


c0351373_20510621.png



'voyAge cycling 実業団 team' は、様々な場面や場所で自転車を通して出来ること・見えることを提案しています。


by velocafevoyage | 2016-02-10 20:51 | voyAge roadracers | Comments(0)