カテゴリ:voyAge roadracers( 52 )

10月31日 レースレポート 「第2回 JBCF おおいたサイクルロードレース」

voyAge cycling team 'roadracers' より野村彰浩が書いています。



2015年実業団レース最終戦である「第2回 JBCF おおいたサイクルロードレース」へ、幡司 勝(E2)、成田 恒輝(E2)、野村彰浩(E2)、渡部 譲二(E3)、田中 隆太(E3)、横手 徳広(E3)、以上6名の選手が参戦いたしました。
c0351373_23252211.jpg



まずは・・・私達のクラスタE2からスタートです。現地へは、前夜入り(深夜1時過ぎ)、翌朝4時45分起床的な・・・。会場開門6時後、「受付」「車検」「試走」「サイン」等、色々やる事も多く、あっと言ふ間に8時のスタートを迎えます。
c0351373_2330125.jpg



最終戦・・・。私の目標は3位入賞&昇格ですが・・・。現実は甘くはありません。1周4kmのコースを10周回します。とにかく、メイン集団から千切れない事! 最後まで耐えて、そこで「1撃」放つ事が出来れば・・・。昨年は、5周回で千切れた苦い「想ひ出」あります。今年こそは・・・。
c0351373_23364071.jpg



同じE2の幡司と成田と走ります。当日の仲間のコンディションはいつも確認します。幡司はいつも通りか、ピークから少し下がった感じか・・・。1周回目では先頭でスタート・ゴール地点を通過。MCからチーム名が呼ばれます(^◇^) 少々テンション上がります。
c0351373_23412019.jpg



成田のコンディションはまずまずの模様・・・。毎周回やってくる1kmの登りを、私も成田も「防戦」一方になる予感(^◇^)
c0351373_23441722.jpg



それにしても・・・。本当に苦しい((+_+)) 2周目以降地獄です・・・。適当に前の走者について走っていてはとてももたないので・・・。加減速を最小限に、登坂開始時の位置取りには特に気をつけて走ります。何周回目か、死んだ「親父」が見えました・・・。とにかく、絶対に「メイン集団」から千切れたくない・・・。
c0351373_23494773.jpg



前方から幡司が落ちてきました・・・。踏めてない模様・・・。抜き様に「た、耐えろ・・・。」言いましたがこっちも危ない((+_+)) なんとか、踏ん張れた模様。メイン集団最後尾で耐える3名。
c0351373_23543930.jpg



残り3周?4周? 「時が来たか・・・。」 我、メイン集団から千切れ始めました・・・。この時「レース終わったら死のう」とか、わりと思っていた自分が嫌になります。後ろからチームメイトの声ががががが。成田です。「§〈ΑΘΨΩ¶・・・」なんて言ってたのかよく聞き取れません(もしくは思い出せない)が、「ここ、頑張りましょう!」って言ってくれてたんだと思う。必死に成田の後輪にしがみつく・・・。成田も必死に私を集団に戻そうと・・・「ここで死んでもええわ」と言う気持ちで踏み倒しました(ペダリングは丁寧に)。オカゲでなんとか集団に復帰する事が出来ました。勢いよく集団に戻ったので最後尾よりはかなり前の方に戻れました。回復したところで後ろを確認したが・・・成田はいませんでした。涙出ました・・・。
c0351373_064548.jpg



集団復帰後、回復していましたが、最後のゴールへのスプリント(長めの登り)は私は踏み切れないだろう・・・。残り2周になった時、自分のやる事がわかった気がしました。ゴールスプリント前に、可能な限り幡司を集団より前へ運ぼうと思いました。実はこの時既に逃げ集団6名が決定的なモノになっていた為、7位争いではあったのですが・・・。ファイナルラップ、ゴールまであと半周くらいで・・・前へ上がりながら幡司に「行こう・・・」声をかけました。ついてきてるのを感じたので踏み倒しました・・・。多少集団は引き離しました。とても十分とは言えませんが・・・。行けるとこまで行って、発射させました・・・。私はここで力尽きました。幡司が勢いよく飛んで行きました。しばらくして集団も凄い勢いでそれを追いかけます。結局、ゴール前で幡司は集団につかまったようですが・・・。

19位 436 幡司 勝 広島県  voyAge cycling team 1:00:30 01:19 39.66
27位 438 野村 彰浩 広島県 voyAge cycling team 1:00:55 01:44 39.38
28位 437 成田 恒輝 広島県 voyAge cycling team 1:02:04 02:53 38.66
c0351373_030997.jpg



さぁ、夕方の最終レース。E3の始まりです。序盤、田中、横手、渡部3人共メイン集団にいます(本来居て当然なのだが(笑))ので安心(^◇^) 
c0351373_0363574.jpg



何周回目か? 渡部ががががが・・・。必死で応援するも・・・メイン集団から力尽きて逝った。そうなったら「完走」を目指すしかありません。実業団のレースは容赦ないので、規定の時間以上、先頭から送れると「バッサリ」切られて「DNF」と言ふ屈辱の称号が与えられます。「Did Not Finish」と言ふ・・・。
c0351373_0381887.jpg



ファイナルラップ? 少々位置取りミスった?横手がメイン集団から遅れていました。脚は残っていた模様ですが、些細な事でこの始末。本当にシビアだ・・・。
c0351373_044685.jpg



渡部は、千切れ集団に吸収されていました。大きな集団だったので、こちらも完走は大丈夫そうです。
c0351373_0451658.jpg



さぁ・・・。メイン集団で一人残った田中・・・。最後の登りスプリント開始時の位置取りが悪かった模様・・・。以下、E3結果。

11位 556 田中 隆太 広島県voyAge cycling team 53:41 00:09 40.22
21位 557 横手 徳広 広島県voyAge cycling team 54:10 00:38 39.87
38位 555 渡部 譲二 広島県voyAge cycling team 56:40 03:08 38.10
c0351373_0462765.jpg



今年の実業団レースはこれで終わりです・・・。チームメイト、監督やマネージャー。周囲の仲間や皆様のオカゲで、大きな怪我等無く、無事シーズンを終える事が出来た事を感謝いたします。そして、昇格のかかった最終戦・・・応援して下さった皆様。幡司選手は「E1」へ。渡部選手は「E2」へ上がる事ができそうです。ありがとうございました。これから、もっともっと走りを磨いて、様々な事を皆様にフィードバック出来るやう努力いたします。我々と一緒に走りましょう(^◇^)
c0351373_12922.jpg

by velocafevoyage | 2015-10-31 23:09 | voyAge roadracers | Comments(0)

10月25日レースレポ「第5回 JBCF 知多半島・美浜クリテリウム」

10月25日
第5回 JBCF 知多半島・美浜クリテリウム

voyAge cycling teamからは渡部が参戦しました。

今回はエントリーが少ないので、Team Kermis Crossの富永選手の車に相乗りさせていただき寛子監督と3人で24日広島を出発。

富永選手の車はハイブリッド車なので燃費が良い良い♪
行き道中「低燃費運転選手権大会」が開催され寛子監督が24.1kmをマーク!
(3人乗車+機材という状況では良いほうではないでしょうか^ ^)
まぁ。。。そんなこんなで美浜到着。


24日は監督会議、ライセンスコントロール、試走があり、とりあえずライセンスコントロールを済ませてコースへ向かいます。

現地へ行くとCannonballの高木監督(通称BOSS)に会い、コースの説明やレースノウハウを教えていただきました。
高木監督ありがとうございました。

ここ美浜町はいつも風が強く、ホームストレートではモロに向かい風になるという事前情報がありましたが、試走の時は全くの無風。
むしろここまで風が無いのは珍しいようです。
「明日もこんな感じだろう。E3の走る朝方は風は無い」という高木監督の見解。

明日はハイスピードレースになる様な予感を抱きながら試走を終了。
試走している間に監督会議も終わり宿へ。

25日。レース当日6時頃に会場駐車場へ到着。

昨日とは打って変わって風が・・・「メッチャ強風じゃん!」。。。
台風ですか・・・ 寒いです。
自然の流れには逆らえませんね(^_^;)

準備をしているうちに深夜に広島を出発したTeam Kermis Crossの大森選手が到着。
一睡もしてない様です。
レース中に居眠りしないか心配です(笑)


今回のレースは周回獲得ポイントと着順で順位が決まるポイントレースです。
E3カテゴリーは6周回 22.5km。
2、4、6周回で1〜3位通過がポイント獲得出来るスプリント周回。
ただ最終周に一番手で帰って来るだけでは勝てないレースです。


8:10 E3-1スタート。
ホームストレートの向かい風が強いことを意識して、先頭から少し後方に位置する。

c0351373_01030437.jpg

2周目スプリント周回に入ります。
2周目からポイント狙って行くがペースアップに反応が遅れポイント争いにも絡めず。。。

次のは獲りに行こうと気持ちを切り替える。

4周目のポイント争いでは集団中盤くらいに位置、早がけして落ちてきた選手をかわしてペダルを踏み込みなんとかポイントゲット!したかと思ったけれど、残念ながら4番手通過。
ポイント獲得出来ず。。。

c0351373_01031226.jpg

5周目は一旦集団のペースが落ち着きファイナルラップへ。

途中の緩い登り区間で若干ペースが上がり集団は縦長にバラけ、自分の位置も後方へと落ちる。
これはもうスプリントに絡めない・・・

ところが!最終コーナーを曲がってからのホームストレート。
強風&長い長いホームストレートの影響で先頭集団の牽制によりペースが落ちて、縦にバラけていた集団が一つになった!

少しおくれをとっていた自分にとってはチャンス到来!
約50人の大集団スプリントに参戦!!

誰かミスれば大落車となる大きな集団。
誰もが隙間を狙って今度は横に広がる集団。

なんとか前に。。。

c0351373_01032159.jpg


しかし、結局行く手を塞がれ、そのまま集団ゴールにて終了。

結果には悔しい思いが残りますが、収穫の多いレースでした。
来年こそは!!


【結果】
クラスタE3-1 着順27位


今回のレースで便乗させていただいた富永選手ありがとうございました。
大森選手も寝不足の状態での参戦お疲れさまでした。

応援していただいたみなさまにも感謝いたします。

JBCFのレース参戦も10/31のおおいたサイクルロードレースで最後となります。
引き続き応援よろしくお願いします♪


渡部譲二

c0351373_01032904.jpg

by velocafevoyage | 2015-10-26 01:15 | voyAge roadracers | Comments(0)

10月18日レースレポ「中国サイクルグランプリ」


18日は中央森林公園で中国サイクルグランプリが行われました。


velo café voyAge も営業しましたよ

会場はすっかりハロウィン仕様🎃(voyAgeの周りだけ・・・)

c0351373_23442709.jpg


さっちゃんが用意してくれたハロウィンエプロンでウキウキです

c0351373_23445525.jpg


かわいいにゃんこもいっしょに走ります🚲

c0351373_23451161.jpg


なんだか通報されそうな人も・・・

c0351373_23452868.jpg


いやいや、レースレポートでした。


気を取り直して、、、今回チームからは3名出場しました。

個人TT3.2km) 幡司選手

エリート(12.3km×5周) 幡司選手、田中選手、和田選手


まずは個人TTから。


幡司選手はいつもだいたい朝からチャラチャラしていますが、意外にもレース直前には結構緊張します(笑)

でもそれがギャップ萌えだったりするんでしょうか。。。


私はスタート前に「大丈夫、大丈夫」と少しでもリラックスしてもらおうといつも思ってるのですが、つい「TTバイクはマサルだけだね」とかえってプレッシャーを与えてしまったり。。。


そしてスタート台に乗った瞬間、MCより「これはすごいバイクだ」「しかもディスクホイール!!と追い打ちをかけるようなプレッシャーが💦


大丈夫かな・・・不安に感じながら見送りました。



し・か・し、そんな不安をよそに幡司選手はすごい速さで帰ってきましたよ!


ゴールシーンの写真撮っていたので、タイムは見れませんでしたが、「これはひょっとして」と期待膨らむ速さでした。

幡司選手、タイムは35947!! 結果は2✨

c0351373_23461999.jpg

やってくれました!!


しかも、3分台で帰って来たのは1位の大町選手と幡司選手2だけです!!


今年TTバイクを購入して、重点的にがんばってきた結果でしょう。

そして皆さんの声援が、折り返して戻って来た彼の力になったでしょう。


この誇らしい姿を見れて仲間たちも笑顔が溢れます。

c0351373_23465833.jpg
幡司選手表彰台




続いて、だいぶ時間は空きましたが、ロードレースです。


空港のコースを5周。

聞いただけでも吐きそうです。。。


エリートクラスは強者だちが揃っています。


スタート前、子どものように「疲れるの嫌いだ」と駄々をこねる田中選手。


和田選手はいつもの調子で「リストラお疲れさまっすと全く緊張してないフリ。


幡司選手TTで結果が出たので少し気が楽になったのかいつも程の緊張はなく、「ご褒美がないと走れない」とか言ってます。


c0351373_23484901.jpg
スタート前


今回出場しない野村選手(エントリーを忘れたと言い張ってました)が直前にアドバイス。


そうしていよいよスタートです。

スタートからすごい勢いで選手達が走りはじめて、あっという間に見えなくなってしまいました。


次に帰ってくるまで20分くらいかな。

と思っていたら、なんとトップはおそらく17分台、集団は18分!速い!!


そしてそのスーパー速い集団の中に幡司選手が!!

TTで力を出し切ったかと思ったのに、なんてすごいヤツなんだ。

(でも実は集団が通り過ぎたときはみつけられず、写真確認で後からわかったことはヒミツです)

c0351373_23492810.jpg
先頭集団



先頭集団から遅れて4〜5人の小集団で田中選手。

小人数でも集団にいるなら大丈夫。


c0351373_23500215.jpg
田中選手


そして次に和田選手、なんとかトレインに乗っていま・・・す。

c0351373_23504971.jpg
和田選手



ホームストレートで応援に来てくれた仲間たちや、他のカテゴリのレースに出ていた選手たちが応援してくれます。


2周目からは幡司選手も集団からちぎれ1人旅。。。


田中選手はほぼ同じ位置。


そこへKermisの黒瀬選手が宗徳高校の息子さんともう1人宗徳高校の選手と一緒にやってきました。

まさに黒瀬ファミリー!!


ん?なんだかもう1人選手がいるような・・・

なんと!和田選手ーーーー(笑)

ちゃっかり和田選手が黒瀬トレインに乗っていました。


正直ロードレースはここが1番盛り上がりました。




苦しみながらも、なんとか田中選手が完走。


幡司選手と和田選手は残念ながらDNF。



うーん。。。

なかなかチーム練もできていないので、今後は集団に残るための練習も必要ですね。



でも、やはりみんなに応援してもらえると、違いますね。

ホームストレートで叱咤激励されると、もう力尽きていても、その時ばかりは力を振り絞って踏んでいました。


今回もたくさんの声援ありがとうございました!!

c0351373_23532475.jpg
選手が通る度に乗り出して声援を送ってくれたさっちゃん

コーンの位置がそこだけ前に出てました(笑)



残りシーズンもあとわずか。


voyage cycling teamで出場するのは後2戦です。


引き続き応援よろしくお願いします!



渡部寛子



by velocafevoyage | 2015-10-22 00:00 | voyAge roadracers | Comments(0)

10月4日レースレポ「第4回 JBCF きらら浜クリテリウム」

c0351373_19040868.jpg

みなさまはじめまして

「ぼやげ」cycling teamの和田寛です(〇。〇)
今回お初の実業団登録レース参戦とゆうことでご報告します…(°Д°)

当然ながら「第4回 JCBF きらら浜クリテリウム」なんですよ…(°Д°)

クリテリウムとは…ええ…短い平坦コースを周回する…ええ…そうゆうことです(°Д°)
去年の前回は応援してた側なんですが今回は参戦してるとゆう…ええ…そういうことです…(笑)

天候も良くついにフルメンバー集合とゆうこともあり興奮してくるとゆうモノなんですよ…(°Д°)
私的目標は「完走」…出張諸々でしばらく最大心拍の運動が「ラジオ体操第一」なので…せめて「第二」までなら…(笑)
まあ皆仕事しながらレース参戦してるので条件は同じです(°Д°)

実業団レースは昼より…(°Д°)
まずはE3-1 …参加選手は渡部選手と山田選手…ええ…お疲れ様ッス!!
c0351373_18544197.jpg
E3 1組目スタート

c0351373_18532648.jpg
渡部選手

c0351373_18530050.jpg
山田選手



続いていよいよ私のE3-2…ええ…恐怖で震えます…(笑)

c0351373_18543415.jpg
E3 2組目スタート


安定の密集からのスタート…からの「ガッシャーン!!」…後方で落車ががが(°Д°)
本格的スタートはちょっと走ってからなのですが走る前から落車とゆう…(°Д°)
思えばここで緊張のいとが切れました…(°Д°)

落車した選手を待ち再スタート…すぐに速度が上がっていきます…(°Д°)

c0351373_18531933.jpg
若林選手

c0351373_18591322.jpg
横手選手


細い道…カーブなど集団で走る…実際に体験しないと分からないですが急な減速などなど危険な要素が満載です(°Д°)
試走時に野村選手よりレクチャーを受けましたがまさにその場所で聞いたとおり急加速などががが(°Д°)
足を残そうとか考えてましたがこれが失敗ですね…(°Д°)
落ちてくる人に付いてさらに落ちるとゆう悪循環にあっとゆう間に後方へ…(°Д°)
とにかく前に!!と聞いてましたがあれよあれよと一人旅に…(°Д°)
ええ…終了しました…サイクリング星★★★の開催おめでとうございます!!
c0351373_18523536.jpg
和田選手

完走したものの何ともむなしい内容に…(°Д°)ええ…安定の「33」…(°Д°)

気を取り直してE2です。。。
野村選手…幡司選手…成田jet選手…ええ…お疲れ様ッス!!(°Д°)
c0351373_18525155.jpg
野村選手

c0351373_19014608.jpg
幡司選手

c0351373_18524383.jpg
成田選手



お初実業団レースでしたが反省課題心構え諸々精進の必要感ぢました…(°Д°)

会場まで応援しに来てくださった方々諸々多くの声援ありがとうございます!!
サポートしてくださった方々監督マネージャーチーム員…ええ…感謝です(°Д°)



和田寛司

c0351373_18531064.jpg

c0351373_18533388.jpg



by velocafevoyage | 2015-10-05 19:11 | voyAge roadracers | Comments(0)

10月3日レースレポ「第2回 JBCF 大星山ヒルクライム」

みなさまはじめまして。
voyAge cycling teamの田中隆太です。

10月3日の大星山ヒルクライムに参加して来ましたので報告します。

今日は朝6時に起きて納豆とご飯を食べて会場に行く途中コンビニでメロンパンとおにぎり二個を食べました。

8時位に会場入りし、チームのみんなと合流したのち3本ローラーで30分ほどアップをしたのちクロワッサン数個とみたらし団子を食べてから10分位また3本ローラーに乗り時間を待ちました。

チームメイトとスタート地点に向かいスタートまで30分以上ありお腹も減ったのでゼリーを飲みチームメイトと話ながら時間を潰しスタート5分前にパワージェルを二個飲みました。

c0351373_22092235.jpg
E3スタート前

c0351373_22094123.jpg
E2スタート前

 



前から三列でスタートし、始めの平坦区間は前から10番ほどでクリアし始めの登りに入りました。
c0351373_22082093.jpg
E2スタート

c0351373_22083268.jpg
E2スタート


思っていた以上にスピードが早く、シッティングでは足を使うと思ったのでダンシングでなるべく体重で踏むように走り、少し後ろに下りました。
先頭から距離が離れ過ぎかなって思っているとコースがアップダウンになりました。

少し後ろに下がってからは自分のラインが狭くなったり周りの選手とライン取りで干渉等あり、落車を避けたく途中から集団の少し外側を走るようにしていると本格的な登り区間に入りました。

坂がきつくなり固まっていた集団もばらけ始めたころ自分の位置と順位を確認して、少し後ろに下り過ぎたことに気づきましたが、まだ足を使いたくないという考えからペースは変えず走っていくと3人ほど落ちてきました。
前3人との距離は縮まらず残り2キロの看板確認しました。
このころお腹が減ったのと前に追いつけないかなと思い始め、後ろを確認するようになりました。

残り1キロの看板は気付かず残り500mを見た時前と後ろを確認して「4位かぁ」と思うと同時に集中力が切れ、体が急に重くなりフラフラしながら残り500m走ってゴールしました。

自分としては悔しい結果となりましたが、自分の力が足りなかったのが敗因なので今回の反省を来年に繋げたいと思います。

最後となりましたが応援して頂いた皆様ありがとうございます。
もう少しいい結果をお伝えしたかったのですが次回は今回の悔しさをバネに頑張ります。

c0351373_22083853.jpg
表彰式 田中選手




田中隆太


c0351373_22081303.jpg


by velocafevoyage | 2015-10-03 22:17 | voyAge roadracers | Comments(0)

9月19日〜20日レースレポ 「第1回 JBCF 南魚沼タイムトライアル」「第49回 JBCF東日本ロードクラシック 南魚沼大会」

シルバーウィークに開催された新潟でのレースについてレポートです。


新潟遠征1日目。
「南魚沼タイムトライアル」

三国川ダム周辺6.8㎞を30秒おきに一人ずつスタートしていきます。
初めて走るコースなので試走をしておきたいので受付して試走にいきます。

コースは前半道幅がせまくコーナーが連続してアップダウンが続くテクニカルなコースですが、後半は下り基調...
ロードバイクかタイムトライアルバイクかで悩みますが、まずはタイムトライアルバイクで試走しました。
一周目はゆっくりとコーナー覚えながら走りましたが、コースに猿がいました。
2周目はDHバーを持って走って見ます。
コース後半のトンネルの電灯が消えていたのと路面が濡れていたのが気になりました。
3周目試走している人にきおつけながら、スピード上げコーナーも最速ラインで走ります。
4周目も同じペースで走ってると雨が降ってきました...試走終了して監督会議に...
レースはタイムトライアルバイクで走ることにしました。


監督会議が終わり、スタートまで時間があるので寝ます。
すこし寝て起きても雨がやんだり降ったりしてます...
アップしようと三本ローラーに...雨で滑ってうまく乗れません。
こういう時にテントが欲しいですね~。あと扇風機!

スタート地点まで走ってアップすればいいと思いスタート地点を目指します。
スタート地点まで2㎞の登り...明日のロードレースのコースですね...
インナーギアが42T...登りしんどいです...リアホイールはディスクだし...
これアップになってるのでしょうか~
スタート地点で車検を済ましてスタート時間までぼーっとして待ちます。
まだ雨降ってます...
名前を呼ばれ並んでいると、雨がやんできました。
ラッキーですが路面は濡れてます。
スタートしたら少しだけ登るのでフロントを42Tにしてスタートです。

登りをダンシングで登りアウター55Tに変速してDHバーを持ってあとは踏むだけ。
試走よりスピードが速いのか1ヶ所オーバースピードで突っ込みすぎてコースアウトしそうになりましたがギリギリクリア。

ダムの端の折り返しまでアップダウンの連続。
ミスは1ヶ所だけ。

折り返しに入ってトンネルに。
ゴールまで下り基調です。
気をつけるのは真っ暗なトンネルと濡れた路面だけ。
ゴールまで1枚1枚ギア落として踏み続けゴール。
6.8㎞休む事なく集中して出しきれました。

ロードレースも集中して出しきりたいです。
第1回 JBCF 南魚沼タイムトライアル E2 第7位



新潟遠征2日目。「東日本ロードクラシック」

ロードレースのスタートがお昼すぎなので朝はのんびりしてレース会場に。
アップするのに着替えてると暑いです。
天気よすぎです。

一時間ほどアップしてぼーっとして三本ローラー乗ってサインしてスタート付近に並びます。
ローリングスタートなのでスタートの位置取りは気にせずに。
スタートラインから3列目ぐらいからスタート。

2㎞の登り手前でリアルスタートです。
一人の選手が先行したので、着いて行こうと追い付いたけどスピードがあわず一人で先行して頂上手前で吸収され、アップダウン区間、トンネル区間を先頭付近でクリアして登りに。

1回目の登りで登れないと思ってたら2回目も登れず先頭集団からすこし遅れてアップダウン区間に。
何名かでローテーションしながら追うも平坦もあってなかなか追い付かず、トンネル区間をすぎた下り手前で追い付いてまた登りです。
また登りで遅れて追いかけることに。
今度は二人でローテーションしながらトンネル区間で追い付きましたが、脚がつりかけてます。
下り区間のコーナーで前にでて最後の登りに。

やはり登れず遅れていきます。
残り500mでダンシングすると両脚がつってストップ。

すこし動けず乗ろうとしてまたつってストップ。
平坦なとこまで歩いて乗ってスタート。
あとは脚がつらないようにシッティングのままゴール。

たくさん応援してもらったのにただ走っただけのレースになってしまいました。
でも、練習不足なとこを練習して来年も参加したいレースでした。

次回のレースも応援よろしくお願いします。


幡司 勝


by velocafevoyage | 2015-10-01 00:57 | voyAge roadracers | Comments(0)

9月22日〜23日「ウィーラースクール」ボランティア参加レポ

9月22日、23日に江田島市の国立江田島青少年交流の家にて秋の江田島みんなでサイクリング!」が開催されました。

voyAge cycling teamからは渡部がボランティアスタッフとして参加させていただきました。


この事業はブラッキー中島 隆章さんのウィーラースクールジャパン協力のもと
補助輪が外れた子供達を対象とした自転車教室で、安全に自転車に乗る為の運転スキルの向上や交通ルールの認識、自転車に乗る楽しさを子供達に知ってもらうことを目的として開催されています。


1日目は一本橋、スラローム、段差回避などで運転スキルの向上や集団走行の練習。
c0351373_00002814.jpg
c0351373_00003592.jpg

夜はパンク修理、交通ルールの認識を勉強しました。
c0351373_00005119.jpg
今回はヴィクトワール広島の選手もゲスト参加されておりパンク修理講習や3本ローラーの実演で子供達を楽しませてました。


2日目は江田島の海岸線の道路でサイクリングです。
片道6kmと9.6kmのコースで班分けをして、江田島の自然を感じながらゆっくりと走ります。
c0351373_00004341.jpg
c0351373_00255683.jpg



サイクリングが終わった後に子供達がとても楽しかったと言ってくれました。
自転車乗りたてのお子様がいるファミリーにとてもおすすめだと思います。^ ^


今後もこのような機会があれば積極的に参加して行きたいですし、子供たちに自転車が楽しいと思ってもらえる機会をもっともっと作っていきたいと思います。


c0351373_00010750.jpg



去年に続き2回目の参加となりましたが、子供達の将来の為にわずかながら力添えができたのではないかと感じてます。

自転車を通じて得られるものはたくさんあると思います。
これから先もずっと自転車を楽しんでもらいたいですね♪



渡部譲二


c0351373_00010126.jpg


by velocafevoyage | 2015-09-25 00:39 | voyAge roadracers | Comments(0)

9月13日レースレポ 「第23回JBCF舞洲クリテリウム」」

みなさまはじめまして。
voyAge cycling teamの若林孝紀です。
この度、ワタクシ初めて実業団のレースというものに参加させていただきましたのでご報告させていただききます。

遠征は野村選手、山田選手、横手選手、渡部選手、若林、寛子監督の
6名で参加してまいりました。
今回の大会は大阪府大阪市で開催された「舞洲クリテリウム」です。
USJの近くですね。


クリテリウムというのは短めの平坦周回コースをぐるぐる回る形式のレースのことなのですが、コースが短いのでコーナーも急なことが多いです。
今回のコースも楕円形の単純なコースでしたが御多分にもれずコーナーが急でした。

まずは野村選手が出走。

c0351373_20210500.jpg
野村彰浩選手


その後、渡部選手と私の番が回ってきました。

c0351373_20211359.jpg
渡部譲二選手


今回レースの目標は「3位以内に入る」ということで緊張しながらも気合いを入れてスタートの時を待ちます。


ついに号砲が鳴り、先導車がスタートの合図をすると一気に選手達のスピードが上がり、あまりの速さに恐怖しました。
が、ここで遅れるわけにはいきませんのでフンフンと鼻息荒く頑張ってペダルを漕ぎます。
このレースでは全20周するうち、8周目と16周目にゴールラインを上位で通過した選手に「スプリント賞」という賞がもらえるということになっていました。

なので私は8周目のスプリント賞を狙うべく、着々と周回を重ねていきます。
8周目にさしかかり、ガツン!と行きますが、少し出遅れてしまいスプリント賞は2位でした。
残念。。。

c0351373_20212060.jpg
若林孝紀選手


ゴールまではあと半分以上あるので気を取りなおして走り続けます。

前方には渡部選手の力強く走る姿が見えます。
心強いなぁ。

向かい風が強かったり、他の選手と接触しないようにと気を使ったりで、思ったより疲れがあります。
なんとか残り3周まで集団の前方に残ることができていましたが、ここでまた一段とスピードが上がります。

みなさん容赦ないです。。。

しかし、目標は上位3位以内なので更に鼻息荒くして喰らいついていきます。
有言実行したいですからね!

そしてラスト1周の鐘が鳴り、残り700mくらいで私は先頭から8番目くらいでこれはゴール勝負に絡めそうだな〜と思いながら、
更にペースを上げて先頭へ出ようとペダルを強く踏み込んでカーブに差し掛かったその時、
「バキバキ」という音とともに前輪が回らなくなりました。

どうやら私の前輪のスポークに他の選手の自転車の一部がからんで壊れてしまったようです。


ということで、私の実業団デビュー戦はこれで終わりました。

きちんと完走したかったですね。

悔しいのでまた10月に山口県で開催される、きらら浜クリテリウムでリベンジすることを心に誓いました。

c0351373_20212828.jpg
横手徳広選手

c0351373_20213540.jpg
山田耕平選手


その後、横手選手、山田選手も健闘し無事レースを終えました。

【結果】
E2(21.25km)
30位 野村彰浩 30:58 10P
E3(17km)
27位 渡部 譲二 24:15 6P
36位 横手 徳広 24:57 6P
42位 若林 孝紀 スプリント賞2位 25:37 1Lap 6P
DNF 山田 耕平 2P

最後に、みなさま多くの声援ありがとうございました! チーム員全員、精進して参りますので今後共よろしくお願いいたします!

c0351373_20214425.jpg


by velocafevoyage | 2015-09-14 20:32 | voyAge roadracers | Comments(0)

9月6日レースレポ「第5回JBCFタイムトライアルチャンピオンシップ」

「voyAge cycling team」の成田です。9/6に行われました「第5回タイムトライアルチャンピオンシップ」のレース報告をさせていただきます。

今回は横手徳広選手、渡部譲二選手、成田恒輝、幡司勝選手の4名、ほか寛子監督と桑野マネージャーで遠征してきました。

まず栃木県にある渡良瀬遊水池が会場でしたので、金曜日の晩から出発。運転手を交代でしながら土曜日の夕方にレース会場に到着し、1時間ほど調整や試走をしました。

風が強く、向きも変わると事前に聞いてはいましたが、その日は特に激しく、ディープやディスクホイールには不安なコンディションでした。

試走後は、群馬県桐生市にて泊。チームミーティングのあとはそれぞれの部屋に戻り、翌日のレースに備えて準備を行いました。

そしていよいよ日曜日。昨日とは異なり、クローズドで試走ができるので早めに会場へ移動。コースはワンウェイの5.3km、風もすっかり凪いでおりましたので、これはタイムいいかもと期待しました。
c0351373_19474033.jpg

その後ローラー台でのアップや補給の後、9時半から順番に検車をパスし、いよいよ出走!
c0351373_21390538.jpg

第一走者は横手徳広選手(E3)。TT初参戦。元々のロードバイクにDHバーを付けるスタイル。
c0351373_19474059.jpg


第二走者は渡部譲二選手(E3)。サブ機をTT化し、ディープを履かせたスタイル。ウェアのエアロ化にも余念がない。
c0351373_21390581.jpg

第三走者は成田(E2)。TT初参戦。こちらもサブ機を電動TT化し、なんちゃってディスクを履かせたスタイル。
c0351373_23380890.jpg

第四走者は幡司勝選手(E2)。秘密兵器のTTバイクに本物ディスク投入。さらには頭から足先までザ・エアロスタイル。

【結果】
E3
84位 横手徳広 7:57.97 5P
27位 渡部譲二 7:32.06 5P
E2
21位 成田恒輝 7:25.65 5P
10位 幡司勝 7:19.74 25P

公式リザルトはこちら。
http://www.jbcf.or.jp/images/2015/09/watarase_result.pdf

今回は全クラスタにおきましてU-STREAM配信されたこともあり、たくさんの方々がリアルタイムで応援してくださいました。短距離一発のレースにとってそうした応援はとても心強かったです。ありがとうございました!

成田個人としては体調管理が完璧ではなかったこと、またレース序盤に歩行者の進路妨害があったことで上手くペーシングできませんでした。競技者として、終わってしまえばすべて言い訳なのですがやはりきちんと走りたかった。来年はおそらく仕事で出られませんがいつか必ずリベンジ、完全燃焼したいです。

最後に…

ついにレースジャージを手にし、本格的に動き始めた実業団「voyAge cycling team」。今季はすでに終盤ですが、ここから西日本で開催のレースが増えてきます。チーム一同、さらに力を蓄え、みなさまのご期待に応えられるよう邁進していきます。改めましてこのたびは応援ありがとうございました!



【あとがき】
裏話ですが、今回お披露目となりましたチームジャージが非常に好評で、地元記者に集団走行を撮っていただいたり、取材を受けたりしました。
c0351373_19474085.jpg

「velo cafe voyAge」に敷居はなく、ポタリストから競技者までみんなでひとつのチームです。ジャージはどなたでも同じものがご購入いただけます。ぜひお揃いのジャージで走りましょう!
c0351373_19474074.jpg



by velocafevoyage | 2015-09-06 20:06 | voyAge roadracers | Comments(0)

8月19日レースレポ 「第1回JBCFみやだ高原ヒルクライム」

「voyage cycling team」横手です。

長野県で行われた第一回 みやだ高原ヒルクライムのレポートを書きたいと思います。


広島を金曜日の21時ぐらいに出発し、現地に着いたのが土曜日の6時頃。

長野には着いたけど現地はまさかの大雨…

チーム員のテンションはなかなかあがりません…

夜中走り続けたため、休憩しようとしましたが、

コースを見てみたいとの事で車で試走に。

狭い急坂をぐねぐね、折れた木や川が出来ています。

さらにテンションの下がるチーム員。

試走を終えて、近くのコンビニで休憩をしているとぞくぞくと自転車を積んだ車が

走っていてレースの気分を盛り上げます(雨が無ければさらに…)。


監督会議の時間になり、サポートで参加頂いた佐藤さんと幡司選手が参加し、

私と田中選手は準備に入ります。

初めてのレースであたふたしているところに、監督会議でクマ出没注意と言われた!

と2人が帰って来て本格的に準備開始。

緊張感が増してきます。

無事に車検と出走サインを終わらせ、スタート地点へ移動。

場所取りに若干失敗し、140人程の車列の中盤にならびます。


レーススタート、号砲の後、約10秒後にやっとスタート。


c0351373_20395204.jpg

E2 幡司勝


c0351373_20403092.jpg

E3 田中隆太&横手徳広


この時スタートに失敗したことに気づきます。

田中選手と走りますが2kmぐらいでペースが合わず離脱。

そこからは抜いたり抜かれたり、レース中盤自分のペースを見つけ淡々と登ります。

取り付けたばかりのパワーメーターが全く作動していなかったのはご愛嬌(笑)

やっとの事でゴールし、下山合図まで待機します。

待機中に順位の張り出しがあり自分の順位とタイムを確認。


順位は満足行くものではなかったですが、

初めてのレースで現状の実力は出し切ることが出来ました。

今回のレースで課題もたくさん見つかったため、

経験と練習を重ねもっと良い結果を報告したいと思います。


最後にサポート頂いた皆様、応援頂いた皆様に感謝し報告とさせていただきます。

ありがとうございました。


【結果】

 E2 幡司勝 14位 40分43秒 20p

 E3 田中隆太 21位 42分49秒 5p

 E3 横手徳広 53位 45分02秒 3p


横手徳広



by velocafevoyage | 2015-08-30 21:01 | voyAge roadracers | Comments(0)