<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2017.11.12 第29回「ツール・ド・おきなわ2017」

voyAge cycling teamの松原です

レースレポートです。

日時
4:00起床
5:00タクシーで会場に移動
6:30場所どり
9:40スタート

前日に体調が悪くなり熱も38°で明日出れるのか心配になりました。けど色んな方々がライン、電話沢山の応援を頂き頑張ろう!と前向きになれました。翌日もなんとか回復できました。

c0351373_21345299.jpg
朝寒い中めっちゃ早くに会場入りしましたが三列目にしか置けませんでした。

後々並んでいたはずなのに割り込んで前に続々と置いてる人たちがいてなんなんだ!と思いましたがシード選手たちらしいです。なんだ。と思っていたら自分もシード選手らしく前に並ぶ事が出来ました。


まずはダム8kmの山岳ステージがスタート6kmで始まります。

①。去年はここでまず人数が絞られます。

お手製のMAP

人の話によると大きく分けて大体3集団になるらしいです。登り始めでアレ?。調子よい?と感じました。どんだけペースアップしてもあまり呼吸が乱れず余裕がありました。これが後々自信に繋がりました。


下りで何人か落車が相次ぎ、目の前で時速67kmのスピードのときに曲がりきれず森に吹っ飛んでいった選手もいました。車がいきなり止まってたり、落車の自転車があったり、危険に満ち溢れていました。

一旦ダムセクションが終わり全体が落ち着きます。補給を貰ったり、アスリチューン黒を飲んだり。自分は足がつりやすい事、汗かき、これが長距離になると弱点になります。なので塩飴、これを常に口にふくませ走りました。これには力み過ぎない効果もあり体を上手く使ってペダリングに意識できました。
ダムは終えましたが2、3kmの登りを何回も続きます。自分は動きがないときは出来るだけマークするべき選手を抑えてたのでその人の近く、又は後ろで走りました。
その後長めの海岸沿いの平坦が来ます。SPもあるのですが自分は行かずマーク。狙わない限りは補給だったり、少し回復につとめることが出来るのでそっちに切り替えてました。


②。


マークしている選手同士で何か話しているのが聞こえます。耳をすませていると、
『もう少しでダム(山)だから一気に前に出るぞ。ペースアップする。』
このイナーメのチームは山でセクションをかけるのか。と分かりました。一気に集団前に行くのに自分も後ろで付きダム前には先頭付近に。



③。ここからダムのセクション2回目に入ります。


ここで大半がついてはくるもののタレタレの表情をして、重たいペダリングをしているのが見えました。マークしている選手はやはり淡々とこなしている感じに見えました。自分もほとんど体がぶれる事なく、キツイことには変わりはないですが周りを見ながら余裕をもってクリア出来ました。自分の汗が激しく💦ちりまくってたので足がつらないか心配ではありました。


残り50人くらいでしょうか?絞られていきました。ここでまず考えていかないといけないのが集団が少なくなり強い選手数人が逃げたら乗らないと決まってしまう。追いつけない。という事です。周南で痛い目を見ています。出来る限り全体の選手の様子を見ながら休憩というより探り探り走る感じで。もちろん補給もアスリチューンを積極的に摂取していきました。

残る道は山だけです。地図では沿岸沿いで平坦に見えますがそんなことはありません。獲得標高2800mはダテではありません。なんでもないペースなのにちぎれて行く選手は何人もいます。自分もこの辺りから脚が攣り始めました。正直気持ちは前を向いていてつっていても騙しでいけると思いやりくりしていました。




④。今度も山、坂でペースアップし全体が活性化。


3人の逃げが出来たからです。差は大きい時で3分にもなりました。流石にまずいとなってどんどんペースがあがります。この逃げは少人数なので流石に捕まると思って自分はいきません。あと、脚が攣りすぎて騙し騙し出来なくなりました。

けど、沢山の方の応援が頭をよぎってきたり、コーチしてくれた方が教えてくれた言葉。

        positive and keep going,

脚がちぎれていいから勝ちたいと思いました。限界の向こう側を体験しました

痙攣しながら漕ぎ続けることが出来ました。頭痛を感じたままランニングする感じ?でしょうか?なかなか例えようがない感じで。始めての感覚でした。呼吸もきつかったのに。強度が上がってるはずなのに。力がパワーが入って走れました。

この時に勝てるかもと思ってましたが勝つぞと抽象的なイメージから具体的なイメージに変わりました。




⑤補給ポイントです。

ここで予想しない展開になりました。

補給ポイントは大抵ゆっくりになります。そして全体があつまってから走り始めるような雰囲気。けどここではそれを逆手にとってなのかアタックレベルでペースアップ。正直ひたすら回しあげました。一番きつかったと感じています。絶対どこかで落ち着く。振り落とされないように。と耐えました。そしたら案の定人数が10人前後に絞られました。

少し勝利に近づいたかと安心しました。
ただ休まることはなく全体的にも自分も相当キツイのがわかっていました。




⑥。今回のレース。最大の不運が訪れました。


最後の長い坂に入る辺りで後ろの選手が自分のリアとディレーラーに突っ込んできました。その人は登りで朦朧としていました。

2人して落車。落車というよりつまづいてこけたレベルですが。坂の途中だったので。集団から離れました。ですがその前にまた走りました。集団ももうバラバラになってました。全力で追いかけ前の集団に付きました。自分含めて5人の集団で前を追いかけ始めました。

ですがまたアクシデントが起きます。さっきの追突されたディレーラーが上手く変速できません。ギアがあまり選択できず重かったり軽かったりと。

そして最大のトドメ。ギアのロー側の内側にチェーンが落ちました。早くにこのホイールごと交換してしまおうと考え先頭付近にはホイール交換できるバイクがいたので呼びました。

ですがチェーンが挟まってなかなか取れないのです。

そしてホイールは僕は10速。お分かりだと思いますがバイクに積んであるのは11速しかなかったのです。


終わったと思いました。半泣きでした。焦るし。けどどんどん抜かされ第2集団らしきものにも抜かされ。まだ走り始められない。もどかしさが続きました。よーやくチェーンがとれ、ホイールが、多少ふれてますがそのまま付けて走り始めました。

全速力で怒りとともに走りました。

今までどんな思いでレースを重ね最後のこのレースにかけていると思ってるのかとぶつけた人に思いたくもなりますが関係ないことです。そんな感情とでも追いつかなきゃという感情とともに下り登り、平坦の5キロ。av47くらいでしょうか。ありえないパワーで走りました。アドレナリンや麻薬物質が沢山出ていたに違いないと思います。ですが5人の集団をまず抜かし、2人を抜かし。もう前に見える人はいませんでした。


結果。33位。去年よりも6分は早い完走になりましたが順位は32から33の後退。

今年は結果がでることなく終わることになりました。

c0351373_21512690.jpg
今年一年voyAge cycling team で実業団で走る経験はとてもステップアップしたと感じています。それは今回沖縄のレースで周りを見ながら、レースを感じながら勝負しにいくことが出来た。そのことが自分に少しでも納得いく証明になりました。
来年は変化していく年にして行きたいと思います。実力、経験。高まってると自信になりました。

c0351373_21480376.jpg


サポートありがとうございました。


※リザルト※
市民レース140km
33位 松原 陸 4:02:35.451(+TOP 08:31.46)

by velocafevoyage | 2017-11-16 21:12 | voyAge roadracers | Comments(0)

2017.11.03 第2回 JBCF 幕張新都心クリテリウム

voyAge cycling teamの横手です。

曇り、北からの風、路面ウェット。

佐久間選手と試走し、車中作戦会議。
昨年走っている佐久間選手より、経験から中切れで足切りが多いため、とにかく前で走るようにアドバイス頂く。

クリテの鉄則であると心に秘め、スタートから前に並ぶため早めに準備終わらせ検車・出走サイン終わらすも、すでにみなさん並んでらっしゃる!
とりあえず並びスタートラインへの移動を待つ。後ろを見ると誰もいない!なんと最後尾。

スタート位置への移動が始まるとみなさん解き放たれた獣のごとく走り出す!
獣になりきれずそのまま最後尾スタート(涙)
スタートし、とにかく踏んで前へ、の鉄則を実践するも一周が短く(810mの四角のコース)なかなか前に上がれない!周回が進むにつれ力尽きた選手が落ちて来る。
c0351373_15320782.jpg
横手選手


コーナーで笛の音。落車した選手が横たわっている…何周回かしても処置が済まず、その姿を見て症状が軽いことを祈る。

さらに淡々と周回を重ねる。と、前を走っていた選手がバランスを崩し転倒!
やばい、怪我をすると趣味の献血が怪我が完治するまで出来ない!っと数センチで交わす。ふーっ危なかった、と前を見ると集団がはるか彼方へ…審判バイクも前に入り足切りの危機。そこからは必死でペダルを回す回す回す…なんとか集団復帰出来たが、チカラ使い果たし付いて行くのがやっとになりそのままゴール。
c0351373_15333335.jpg
佐久間選手


最初の位置取り、レース内容に改善点があるため次に生かすとして、サイクルモードで改善出来そうな材料を確認し、私の遠征は明日の埼玉クリテ見学に続きます。

結果 11位/46人出走 完走11名

 2017年のJBCFのレースは全て終了しました。
この場を借りて、サポート頂いた皆様、スポンサーの皆様、マネージャーを始めスタッフの皆様、練習に付き合って頂いた皆様、チームメイト、家族、私とチームに関わって頂いた全ての皆様、今年一年間本当にありがとうございました。
チームのメンバーの中にも仕事やプライベートなどで思うように結果が出なかった者もいますが精一杯頑張った一年だったと思います。
まだJBCF以外のレースを残したメンバーもいますが、2018年もvoyAge cycling teamをよろしくお願い申し上げます。

横手

※リザルト※
E2出走46名中11名の完走
11位 横手 徳広 time 39:26 +top 00:37
DNF 佐久間 大輔

by velocafevoyage | 2017-11-04 15:35 | voyAge roadracers | Comments(1)

2017.10.28 第51回 JBCF 経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ

voyAge cycling teamの佐久間です。

10月28日(土)
群馬サイクルスポーツセンター(1周6km)
E2 12:40スタート(実際は55分スタート)
距離:36km(6周)
気温10℃前後
天気:曇り(最終組のE3は雨)
路面:ドライ

JBCFの実質最終戦が群馬で開催されました。
この大会はJPROTOURの最高ランクの大会に位置付けられており、経済産業大臣旗を賭けて各チームがしのぎを削ります。

本来であれば、新潟県の南魚沼で2DAYSで行われるはずでしたが、夏の雨での落石により、道路が使用できなくなり、群馬での1DAY開催となりました。

当日、天候は曇り。
季節外れの台風がまさかの2週連続で接近。いつ雨が降ってきてもおかしくない状況でしたが、幸い自分のカテゴリーのE2はスタートが早めでしたので、路面はドライのままレースは進行しました。

朝6時半に会場入りし、まずは試走をしました。

ちなみに群馬出身の自分ですが、実はこのコースは初めてなので、6kmのコースの内容を覚えるべく、しっかりと1時間半、ラインを変えながら、路面状況や勾配を把握することにしました。

試走終了後はJPROTOURのレースです!132kmを走ります!

観戦して勉強させてもらおうとも思いつつ、自分は自分のレースに専念すべく、準備を済ませて仮眠しました。

それというのも、当日は監督会議から出走までのスケジュールが非常にタイトなため、直前のアップはなしになるので、準備を事前に済ませておく必要がありました。

レースも後半というところで、再度行動開始です。

早め早めでアップを軽めにすませ、監督会議へ。
監督会議終了から整列待機。
後方に並び、スタート地点までの移動まで待ちますが、若干JPROTOURの表彰式がおしたため、15分遅れで進行されました。
アップはしたものの、体は冷えてしまいましたが、汗を拭いてから監督会議に行ったおかげで、汗冷えは防ぐことができました。
さらに、今年は高地の寒いところで過ごしていたため、寒がりの自分にしては、意外にも十分耐えられるレベルでした。

そしてスタートまでの移動が始まりましたが、今回の出走者は94名。
なるべく前でスタートしたかったですが、ガッツリ前は塞がれました。

わかってはいましたが、最後尾スタートです。
c0351373_23361453.jpg
笑顔まぶしい佐久間選手!



距離が36kmと短いので、序盤から強度は高めです。

最初のヘアピンカーブを過ぎたところからペーサーが消え、レーススタート!
群馬CSCは広島の空港コースを短めに凝縮したイメージです。
基本的に平坦はありません。

下りでも上りでも一定のパワーで踏んでいくことを意識しました。

しかし、スロースターターの自分の悪い癖が出てしまい、いきなりの高強度の上りで踏みきれず、最初のコース上で一番長い上りで中切れの餌食に。

その後のアップダウンを抜け、ホームストレートに戻ってきたとき、集団の最後尾がやっと見えましたが、踏んで追い付くには、絶望的な距離でした。

今年は未だに順位を競うレースができていなかったので、なんとか最後に一矢報いたかったのですが、残念ながらここでレース終了となってしまいました。

ここからは完走を目指すべく、グルペットのような集団を自らコントロールし、落ちてきた人や、追い付いてきた人でまとまり、足切りにならない程度のペースで周回することにしました。

幸い協調は上手くいき、殆どDNFを出さずに完走できました。



ちなみに完走後、一緒に完走した他チームの皆さんから感謝のお言葉をいただきました。

皆の力があってこそ完走できたので、自分にはもったいないお言葉だと思いましたが、
こんなことがあるから、千切れてしまってもレースは辞められませんね。

というわけで結果はトップから8分56秒遅れで81位と、なんとも情けないリザルトですが、数字以上に濃い内容のレースができました。

これで、今シーズンは終わり・・、
ではなく、実は実質の最終戦と言いつつ、
11月3日(金)に千葉の幕張メッセ隣接コースで行われる、サイクルモード併催のクリテリウムに参戦してきます!

エリートカテゴリーではこちらが本当の最終戦です!

去年はハンドル云々で最後尾スタートを余儀なくされ、なんとか25人抜きで出し切って完走した苦い思い出のレースです。

今年は普通のハンドルのバイクですし、横手選手も遠征しますので、得意の平坦のレースで、チームで動けるチャンスですので、気合いを入れなおして狙っていきたいと思います!

最後まで頑張ります!

※リザルト※
E2
81位 佐久間 大輔 time 1:04:35 +top 08:56

by velocafevoyage | 2017-11-02 17:30 | voyAge roadracers | Comments(0)