8月17日開催された「voyAge touring 'the extremer' 157」の日記

voyAge 野村彰浩が書いてます。



「voyAge touring 'the extremer' 157」は、8月17日(木)に開催されました。


美しい森の中を走っていますか?
c0351373_08525685.jpg


「the extremer」。名前はアレだけど、美しいトコロを仲間と力を合わせて走破しましょう的なアレです。160km程の距離で獲得標高3000m近くあります。沢山登るんだけど、荒れた舗装路とかもあって、なかなか「冒険」味わえます。
c0351373_08572212.jpg


当日の天候は・・・間違いなく昼過ぎ~夕方に土砂降りがくるとの事。ランチポイントである「匹見峡温泉やすらぎの湯」に12時着、13時出発を目標としました。帰路、峠(ピーク)を超えてから雨を受けたかった。標高の高いし、それまでに濡れると寒いんだよね・・・。写真は朝の冠高原(松の木峠)にて。標高は776mだったかね?
c0351373_08565394.jpg


自然を満喫出来る素敵なアレだ(^◇^)
c0351373_09045652.jpg



走っていると↓こんな音楽が脳裏に響き渡っている・・・。





登っては下り、登っては下りをひたすら繰り返します。ここは「吉賀町⇔益田市」的かな~。私はこんな道が好きなんで走る度に思いますけど、昔の人は道具もままならん中、よくこんなトコロの道やトンネル等を作ったな~って感じます!! 工事では何人も犠牲者が出たんですかね~? 道で町と町が繋がれてる事の凄さを改めて感じさせられます( ゚Д゚) 
c0351373_09092803.jpg


1日を通して、ライドの平均気温「23.7℃」に萌えて下さい(^◇^) 夏は涼しいトコロを走るのも悪くないよ。
c0351373_09151879.jpg


大体スケジュール通りかな・・・。「匹見峡温泉やすらぎの湯」を13時20分には出発出来た。少々押したのは私がパンクしたから。当たり前の常識だけど、パンクの要因の9割は自分のミス。残りの1割は運の悪さかね? 的発想でいる事によって、パンクする確率が10%でも下がれば良いじゃないか(^◇^) 写真ではなかなか伝わらないが、巨大な岩? 自然の壮大さ感じまっす!! 
c0351373_09200853.jpg


そしてパンク2人目(笑) 長い登坂では、誰かがパンクしてくれると休憩できるから少々嬉しい・・・? 路面がウェットだとパンクの確率も上がる。以前、全日雨で開催された「the extremer」では11本のチューブがゴミと化した事を思いだす(笑)
c0351373_09285417.jpg


パンクさせたら「土下座」が日本人サイクリストとしての常識と言える!!(笑)
c0351373_09321514.jpg


どこでパンクさせるか? も大切なアレです。素晴らしい箇所のパンクに激萌えっす! 超ウルトラ「熊」エリア(笑) 大騒ぎしながら景色や渓流を楽しみます。
c0351373_09331756.jpg


ピークを越した頃、雨が降り始めました。予定通りだ。だんだん雨粒が大きくなる。眼球に大きな雨粒がバチバチ当たり、「圧」感ぢまっす! 
c0351373_09400508.jpg


仲間と一緒だから乗り越えられた・・・。素晴らしい1日を素晴らしい仲間と過ごした記憶、ありがとうございます!!
c0351373_09412638.jpg



過去に行われた「the extremer」シリーズの日記はコチラ↓
「voyAge touring 'shambhala' 100」
「voyAge touring 'La Mer Du Japon' 025」
「voyAge cycling 'the extremer' 024」




voyAge cycling,,,

by velocafevoyage | 2017-08-18 09:41 | Comments(0)