2018.04.08 第28回JBCF舞洲クリテリウム

voyAge cycling teamの細川です。

4月8日に開催された舞洲クリテリウムに参加してきました。

結果
22/36位
c0351373_20124030.jpg
細川 貴弘選手

最高気温は12度と風も強く寒い日になりました。

今回設定した目的
・落車回避、アタックに反応するため常に前方でレースを展開
・アタック飛び出す選手がいれば反応する
・アタックを追いきれなかった場合、吸収された瞬間にカウンターで飛び出す。
(これら全ては1回目のスプリント周回終了後に行動開始する予定でした。)

寒く脚が固まりがちだったので、いつもより長めにアップをとりました。
c0351373_21441276.jpg

寒い中アップ…。

スタートの30分前にはサインを行い一番前に自転車を並べます。

舞洲クリテも4回なので緊張もなく時間を過ごしました。

ローリングスタートは一番先頭でスタート

リアルスタートした瞬間に高校時代の後輩がアタック(この後輩の姿を見て火がつきました)
1〜2周目は集団内で流していましたが、後輩の姿を見た私は熱くなってしまい我慢しきれず3周目以降、先頭で引く、飛び出す、追走を繰り返しました。


c0351373_20022780.jpg
細川 貴弘選手 
      phot by広本 凌也

この日は風が強く僕の脚では逃げを決めることは出来ないとわかっていたので、逃げに脚を使うのではなく、コーナーにトップで入りわざとインターバルをかける等他選手の脚を削る事を考えながら走りました。
 
c0351373_20062275.jpg
渡部 譲二選手
       phot by広本 凌也

ラスト2周回を残す所で脚が痙攣し始め、ラスト周回で誤魔化しきれなくなり勝負に絡めないと判断したので集団後方に下がり、安全にコーナーを曲がりスプリントを開始しトップから4秒差でゴール。

舞洲は体重の軽い僕にとっては苦手な平坦なコースですが、今までで一番積極的に走れた良いレースになりました。

調子は悪くないと思うので、次回参加予定のきらら浜クリテ(5月6日)では冷静かつクレイバーに勝ちを狙いに行きたいと思います。
c0351373_20085823.jpg

※リザルト※

E2-2 25周 (21.25㎞)
30位 渡部 譲二 time 31:21 +top 00:07

E3-1 20周(17.0㎞)
22位 細川 貴弘 time 25:34 +top 00:04


by velocafevoyage | 2018-04-10 20:10 | voyAge roadracers | Comments(0)