2018.04.28-29 第52回 JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会 Day-1・2

voyAge cycling team 関東支部の佐久間です。

第52回 JBCF 東日本ロードクラシック DAY1&DAY2が群馬サイクルスポーツセンター(CSC) にE2クラスで参戦しました。

レースはGW初日、高気圧に覆われ快晴のなか開催されました。

両日中25℃以上という季節外れの高気温。

例年ならまだ桜がようやく咲き始める頃合いですが、既に葉桜もちらほら。

時折吹く風が心地よく、日陰が涼しく感じるという。

好条件ではあるものの、体はまだ暑さに慣れていないので、熱中症、熱射病の注意喚起が出されておりました。

コースは1周6kmの平坦がない峠コース。

アップダウンとガツンと上る坂がひとつ。

広島森林公園コースをギュッと縮めたようなコース。

初日のレース時間は午後からだったので熱中症注意な気温。

スタート前からしっかりと水分補給して出走を待ちます。

c0351373_15050787.jpg
スタート前 
photo by itou

DAY1は5周回の30km。

出走は102名。

どこかで確実に中切れが起こるはずなのでなるべく前方にいなければと思いつつ、

今シーズンの初レースということ、コーナリング、集団走行に不安があったので、初日は落車しないことを第一にしました。

それでもなんとか中切れを対処しつつ、途中までは先頭集団にいることができました。

しかし3周目の「心臓破りの坂」にて切れてしまいました。

その後は同じタイミングで切れてしまった選手10名ほどで協調して完走を目指しました。

おかげで集団の練習ができました。

おまけにスプリントの練習もさせてもらいました(笑)

先頭から2分41秒遅れの58位でフィニッシュ。

c0351373_15051116.jpg
photo by itou

完走は92名でした。


そしてDAY2。

この日は朝一でのスタート。

気温は13℃と低めでしたが、陽射しが力強く、ぐんぐんと体感気温が上昇。

陽の下では汗ばむ陽気だったので、ウインドブレーカーとニーウォーマーはポケットへそっと収納。

DAY2は4周の24km。

佐久間 大輔 選手
Photo by ishikawa

短期決戦となるので試走はしないで早めに整列へ。

なかなか前に並べたのでテンション上げてスタートしましたが、パレード走行で位置をキープすることができず、DAY1と同じく、後方で中切れ対応インターバルで脚を使ってしまい、2周目の「心臓破りの坂」で中切れ発生。


単独で踏んでブリッジを試みるもホームストレートを過ぎても差を埋めることができず、

DAY1と同じく先頭集団から千切れてしまいました。

その後は後ろからきた7名と合流して協調。

c0351373_14571908.jpg
Photo by ishikawa

コーナリングの甘さを感じつつも、地脚については負けていない印象を感じました。

今後は積極的な位置取り、コーナリングを改善しつつ、さらなるフィジカルの強化(主に減量)に取り組んでいきたいと思います。


結果は先頭から2分36秒遅れの51位。

出走90名中完走88名でした。

先頭に残れず、着に絡むことはできなかったのですが、落車もなく、いい経験値が積めたので、次戦の宇都宮に繋げます!


5月12日がクリテリウム、13日がロードレース。

先頭前方でレースに絡めるように頑張ります!

最後になりましたが、今回はるか900km離れた広島から応援に駆けつけていただいたサポーターの方々、ご声援ありがとうございました!

期待には応えられませんでしたが、応援が力になり完走に繋がりました。

次戦以降も広島からなかなか遠い開催地ですが、引き続き応援よろしくお願いいたします!


※リザルト※

Day1(4月28日)

E2 30㎞(6㎞×5周)

58位 time 48:03 +top 02:41


Day2(4月29日)

E2 24㎞(6㎞×4周)

51 位 time 39:35 +top 02:36


by velocafevoyage | 2018-04-30 15:02 | voyAge roadracers | Comments(0)