2018.05.06 第7回 JBCF きらら浜クリテリウム

voyAge cycling team の細川です。

5月6日に開催されたきらら浜クリテリウムに参加してきました。

結果
5位/31名

c0351373_17220012.jpg
E1 横手 徳広
photo by K.Hiromoto




曇りで少し肌寒かったですが、風も弱く雨もパラパラと降った程度で、とても走りやすいコンディションでした。

作戦
・後半まで集団内で脚を温存
・後半で逃げが発生したら乗る、無ければ集団スプリント

スタート1時間位前からローラーを回しアップ開始。

20分前には切り上げ、スタートサインをし、知り合いと雑談しながら時間を潰します。
 
c0351373_17245553.jpg
E3-1 有元 寛貴


最前列にてスタート。

ローリングスタート後はいつものごとく先頭に出て第2コーナーを抜けた所で後ろに下がる。

すぐに選手が単独で飛び出すが2周目で捕まえる。


c0351373_17245349.jpg
F 早瀬 恵子



3周目のスプリント周回で5~6人の選手が飛び出す。
マークしていた選手も何人か入っていたのでマズイかなと思い数人でブリッジしたが、
心配要らなかった様でスプリント終了後に集団に吸収される。


c0351373_17245035.jpg
E3-2 高杉 知希



後は脚を回復させてる為に集団内かつ逃げが発生したらすぐに反応出来るよう外側を位置取る。

ラスト2周でマークしていた選手が単独で飛び出そうとする動きが見えたので、
反応して二人で飛び出す。
この時が最高速で57.6km/hでした。


c0351373_17243833.jpg
E3-1 細川 貴弘


しかし、集団もかなり元気だったようですぐに捕まる。
この感じだと逃げも決まらないと思ったので、先頭10番手程に位置取りラスト周回に備える。


c0351373_17533120.jpg
E2 渡部 譲二 
photo by K.Hiromoto


ラスト周回で15名程の集団で最終コーナーに入りましたが、前に入るのが遅く、
10番手位の位置でコーナーに入ったため、落車の恐怖で攻めきれず立ち上がりが遅れてしまう。


c0351373_16583033.jpg
E3-1 細川 貴弘
photo by ぷにぽんさん 


立ち上がった時には前3人にはかなり離されていました。

スプリントを開始し、4名パスし、最後一人抜けそうだったのでハンドル投げするも0.01秒及ばず5位でした。


c0351373_17213075.jpg
E3-1ゴール前スプリント


今回は集団内での立ち回り方、アタックへの反応が良く出来、最後まで脚に余裕がある状態でスプリントに挑めました。

が、最後まで勝負に絡めるようになったのが最近なので、最終局面に対して経験の無さが出てしまい
今回の結果になってしまいました。

ともあれ、登録レースで初めて表彰台に乗れたので悔しさもありますが嬉しいです!


c0351373_17244745.jpg
E3-1 細川 貴弘 表彰台


去年と比較してかなり走れている感覚はあるので、次のレースは今回の教訓を活かして勝ちにいきます!

応援ありがとうございました!



c0351373_17250273.jpg
選手&スタッフ



※リザルト※

E1
横手 徳広選手
DNF

E2
渡部 譲二選手
8位 time 34:41 +top 00:09

E3-1
細川 貴弘選手
5位 time 23:52 +top 00:02
有元 寛貴選手
9位 time 23.52 +top 00:03

E3-2
高杉 知希選手
31位 time 26:58 +top 02:42

F
早瀬 恵子選手
DNF


by velocafevoyage | 2018-05-07 18:13 | voyAge roadracers | Comments(0)