2018.06.22 第 87 回 全日本自転車競技選手権大会 ロード・レース


voyAge cycling teamの北野です。
6月22日、全日本ロードレースに出場しました。

このレースを走るにあたり、たくさんの応援やサポートをいただき本当にありがとうございました。

c0351373_16595282.jpg
チームミーティング



強くなりたくてこのために走ってきたから、今の精一杯の走りをしてボコボコにされてこよう、と腹をくくって臨みました。


コースは1周14.2㎞×9周の128㎞
スタートしてからいきなり坂、前半は登り基調のアップダウンが続いて短い激坂の後、後半は踏まないと進まない緩い下りやフラットな道という構成でそこそこ風も強い、集団から遅れたら地獄が待ってるという嫌な感じのコースです。



当日の天気は快晴で12時前で既に気温は30度超え、絶好の全日本日和でほんと嫌な感じ。緊張し過ぎて泣きそうでいつも通りに落ち着かないスタートになりました。

c0351373_16591446.jpg
スタート直前の北野選手



序盤はスローペースでひと塊りの集団のままレースは進みます。2周走ってもまだガッチガチに緊張していて、大丈夫、大丈夫と自分に言い聞かせながら走る。



しかし3周目のアップダウン区間で変速を焦ってチェーンが落ちて真っ青に、ウソじゃろ全然大丈夫じゃない!

でも落ちたのが外側で下りに入ったところだったので走りながら指でチェーンを掴んで戻す。


フルもがきで何とか集団復帰。

脚いっぱいだしチェーン触った右手真っ黒だし超焦ったけど、ペースが上がっていない事も分かっていたので希望を捨てずペダルを漕ぐ。


落ち着け私。



レースに動きがあったのは4周目、ホームストレート過ぎてすぐの登りでいきなりカチ上げになり全く付いて行けなかった。

c0351373_17000580.jpg
集団内の北野寿枝選手

補給区間で油断していたとことと後方にいて反応が遅れたせいもあるけど、単純に走力の差が出ました。


ここで逃げか決まって集団は一気にバラバラに、トップのレース展開を知る由もなく私は遅れて一人旅、呼吸もいっぱいになりながら耐えるのみとなってしまう。


チギれてからが辛かった。その後3人のパックができたものの、更に耐えるのみで、結局5周回を終えてタイムオーバーでDNFとなりました。


こんな結果で申し訳ないですが、レースに向けて自分なりに出来ることはやってきて体当たりした結果なので走れてよかったと思っています。

c0351373_16590667.jpg




結果DNF(5周2:22:29.537+Top:-4周) / 出走33人 完走10人


全日本を走るのは今回が3回目でした。
初めて走った年は力不足で即終了、2回目は落車でチェーン落ちしてタイムオーバーでDNFになって大泣きして帰宅。


その時に話した、またこの大会で全力ぶつけて納得いく走りをするまで自転車辞めないっていう約束、何年も経った今ようやく守れました。って、もし報告できたとしてもそんな昔の話覚えてないやと笑われそうだけど、結局一度も完走できなかったけど、気がすむまで走らせてもらって悔いなしです。


最後に、貴重な機会を与えてくださった大会関係者の方々、支えてくれたチームの皆さん、試走の案内から現地サポートまでお世話になった岩本さん、いつも一緒に走ってくれた練習仲間のみんな、全てに感謝します。


ありがとうございました

c0351373_16594935.jpg
voyAge cycling team


※リザルト※

エリート女子

北野 寿枝

DNF


by velocafevoyage | 2018-06-25 17:30 | voyAge roadracers | Comments(0)