2018.06.30 第52回JBCF 西日本ロードクラシック広島大会 2018.07.01 第1回 JBCF 広島クリテリウム

voyAgeの横Pです。
なぜPなのか?それは誰も知らない。
サッカーワールドカップで盛り上がる広島から、広島2連戦をお伝えします。
c0351373_21072251.jpg
横手 徳広


金曜に広島入り、我がチームの音楽家である会長野村とアップがてら広島のサイクリストのオアシス、江田島でサイクリング。
c0351373_21072604.jpg
会長 野村 彰浩

フェリー待合室で豪雨に遭遇。まさしく先行き不安な船出となる。が、奇跡的に島に上陸するとほぼ雨無し。全ての運を使い果たした感満載でサイクリングを終える。
c0351373_21113907.jpg
E1 横手 徳広
        photo by 廣本健太郎


ホテルにチェックインするとここで使い果たした運の悪さを発揮。なんと、ホテルが匂う。ほのかなおにぎりの匂い。気にならないと唱えるが気になる。ここはボタニカルな芳香剤を買い、難をしのぐ。晩御飯に昔の仲間と餃子を食し、ボタニカルな部屋に戻る。リゾート気分でレースの準備をし、ボタニカルに就寝するも、同じ階にどこかの集団が宿泊し、盛り上がっている。ここはどんな困難も切り抜けた自分を信じ気合いで乗り切る。数時間おきに起こされる困難。ここは試練の時。朝、2時間の就寝で起床。
c0351373_21204582.jpg
E2 渡部 譲二
photo by 廣本健太郎



寝不足のまま広島中央森林公園へ。またここで試練の時。雨、である。雷と雨・霧で、家なら録画したドラマを見るしかないぐらいの試練。あえて言おう、走りたくないと。
c0351373_21220034.jpg
土砂降りレース直前


神に祈るも受け入れてもらえずレーススタート。

c0351373_21224807.jpg
E3 有元 寛貴

広島に来るにあたり雨でも大丈夫と言われているカーボンホイールで勝負したが、雨水がホイールに付きブレーキがなかなか効かない。必殺あてぎきを炸裂させるもズルズル。名物三段坂にも滝が発生。上流に向かう鮭の気分を味わいながら登る。

c0351373_21251606.jpg
E3 細川 貴弘

1週目先頭から1分30近く離されてしまう。十数名の集団。自分のクラスは4周。2周目で2分強の差。これだけの時間を追いつくのは厳しいと皆想いが一致。淡々と走り集団のままゴール。
c0351373_21262310.jpg
F 早瀬 恵子
    photo by bud

ゴールすると雨が止み、神さま試練をありがとう、と涙と共に呟く。エリートクラスが終わり、プロの方々のレースが始まる頃にまたもや豪雨。身震いしながら帰路へ。

c0351373_21302764.jpg
選手とサポートスタッフ

時間がまだ早かったため、久しぶりに広島をサイクリング。雨に打たれるも懐かしさもあって走りすぎ夕食の待ち合わせ時間に遅れ、チームの面々にたわいもない叱責を受ける。

決戦の日曜日、そうフランスvsアルゼンチンである。唯一手にしてないのはワールドカップというメッシ…と言うのはまた別の話。日曜日はヒロシマクリテリウムである。
c0351373_21433446.jpg
E2-1 秋嶋 優佑キャプテンと渡部 譲二 
photo by 廣本健太郎


広島市内初開催というレースで関係者の方々の気合いが伝わって来る。市内いたるところにポスターがあり重要さを感じる。
voyAge cycling teamも広島のチームという事もありたくさんの方に応援を頂く。
ありがとうございました。

c0351373_21451793.jpg
E2-1 渡部 譲二
photo by Akihiro Nomura 


c0351373_22013749.jpg
E2-1 秋嶋 優佑キャプテン

c0351373_21525498.jpg
E2 藤田 宏平


チームメイトを応援し、14時25分、自分のレーススタート。
2月25日生まれの運命を感じながらのスタートとなる。

c0351373_21542926.jpg
F 早瀬 恵子


他クラスでコーナー各所で落車があったため慎重にコーナーを走り、立ち上がりも雑にならないように走る。何度か自分の前方で落車があるも運良く巻き込まれず。30度を超える熱気で晴れており暑かったが、何故か途中小雨が降り、雨男ハンパないってー、となる。
c0351373_21572201.jpg
E3-1 細川 貴弘

c0351373_21571097.jpg
E3-1 新谷 尚史

c0351373_21585704.jpg
E3-2 有元 寛貴

c0351373_21584070.jpg
E3-2 高杉 知希


立ち上がりのインターバルもそこそこで、淡々と11周を集団後方で走る。最終周1コーナー立ち上がりから一瞬スピードが緩んでいた2コーナー入り口まで踏み、先頭から6番目くらいまでポジションをあげる。最終コーナーで隙を見せてしまい、前にどんどん入られゴール。最終コーナーを上手く走れば、と悔やまれるが、精一杯走り苦手のクリテリウムで色々次につながる経験をした。
c0351373_22090830.jpg
E1-1 横手 徳広


c0351373_22090389.jpg
E1-2 田中 隆太


私が精一杯走れたのも、ボランティアの方々や大会関係者の方々の準備のおかげであり、非常に感謝しています。またチームメイトや応援に駆けつけて頂いた皆様、地元で練習に付き合ってくださっている方々にも力を頂きました。ありがとうございました。


〈リザルト〉
第52回 JBCF 西日本ロードクラシック広島大会
E1 横手 徳広  38位 1:21:51 +top 05:48
E2 渡部 譲二  47位 1:04:18 +top 05:46
F 早瀬 恵子   DNF
E3 有元 寛貴  79位 1:02:49 +top 05:25
E3 細川 貴弘   29位 59:53 +top 01:29

第1回 JBCF 広島クリテリウム
E1-1
横手 徳広 19位 time33:55 +top00:02
E1-2
田中 隆太 DNF
E2-1
秋嶋 優佑 17位 time28:56 +top00:03
渡部 譲二 33位 time29:25 +top00:32
E2-2
藤田 宏平 7位 time28:32 +top00:01
E3-1
細川 貴弘 23位 time22:57 +top00:02
新谷 尚史 47位 time23:44 +top00:49
E3-2
有元 寛貴 26位 time23:12 +top00:04
高杉 知希 46位 time23:28 +top00:20
F
早瀬 恵子 DNF

by velocafevoyage | 2018-07-02 20:50 | voyAge roadracers | Comments(0)