2018.09.08 第7回JBCF舞洲タイムトライアル/2018.09.09 第29回JBCF舞洲クリテリウム

voyAge cycling teamの渡部が書いています。

98日、9日舞洲タイムトライアル、舞洲クリテリウムに参戦。

今回voyAge cycling teamからの参戦は僕一人だったのでTeam Kermis Crossに相乗りのお世話になります。

Team Kermis Cross
大森さんのムーブに乗車。
彼とは昔のチームメイトでもありレースの段取り、移動ルートなどメチャ頼れるお方。
ムーブのキャリアに4台、中に1台荷物も満載!

c0351373_23494623.jpg



走行距離37万キロ越え!これタクシーすか?ってくらいの走行距離()
c0351373_23501196.jpg

4
台積みの風の抵抗を感じながらいつもの舞洲に到着。



1
日目は2km/1周回の個人タイムトライアル。
コースの路面はウェット。舞洲では珍しくほぼ無風。今年はチューブレスタイヤを使っている事もあり路面も濡れてるし、とりあえず空気圧は5barにセット。


そして試走でコケる()右膝と腿擦りむいた。痛い。

c0351373_23481967.jpg
試走へ

軽い擦過傷で済んだけどテンション下がる〜。

走るのやめよっかなと一瞬思ったけど今日のTTで昇格しておきたいので気持ち切り替えて出走。

空気圧も4.5barに変更した。加速も悪くないし安心できたので最後まで踏み切ってゴール。
タイムは2:56:851 4位。。。

マジか!

あと0.2秒早かったら昇格出来てた。悔しいけどこれもレース。

c0351373_23513040.jpg
スタート時



翌日はクリテリウム。850/25周回
今日はチョコチョコ動きはせずラスト5周か3周で動こうと決めてた。
レースは終盤まで目立った動きはなくラスト3周で備北の花田選手がキレのいいアタックをかける。

彼は昨日のTTのクラスタE3で優勝して昇格している。
これは行くしかないと反応し追走したが誰も着く事が出来なかった。
ファイナルラップには花田選手の勝ちは決まっていたので23位を狙おうと踏んだけど着には絡めず13位。
悔しさ残る2連戦となりました。

今回のレースはTeam Kermis Crossさんに大変お世話になりました。

小川マネージャーにはアテンドもしていただきありがとうございました!

c0351373_23483885.jpg
第7回舞洲タイムトライアル 表彰式E2

次回は秋吉台カルストロードレース、維新やまぐちクリテリウムの2連戦です。
応援よろしくお願いいたします!



※リザルト※

第7回 JBCF 舞洲タイムトライアル

E2 渡部 譲二
4位 2:56:851 (+top 00:04)


第29回 JBCF 舞洲クリテリウム

E2-1 渡部 譲二

13位 time 30:12 top +00:09


by velocafevoyage | 2018-09-09 23:55 | voyAge roadracers | Comments(0)