2018.10.14 第5回 JBCF おおいたサイクルロードレース

voyAge cycling teamの横手です。

14キロのアップダウンがあるコースを10周するレース。

おおいたサイクルロードレースは九州在住の私としては地元感満載のレース。

uciレースが前座(笑)という贅沢なレースでレース観戦も楽しめるという一石二鳥の大会(観戦出来るがレース前のためあまり余裕なし)。

c0351373_00151122.jpg
E1 横手 徳広

今年は去年の雨のとは打って変わって秋晴れの中のレースでした。


レース前にJBCF片山理事長より、クリートのキャッチミスしないようにと注意があったのにキャッチミス。2列目くらいに並んだのに最後尾近くまでポジションチェンジ。最初から波乱を感じさせる展開に。はまらないまま坂を登りきりやっとクリートをはめペダルを回す。


アップが足りないせいか、なかなか力が入らず順位は後方のまま。

前方にチームメイトの田中選手が見える。

ほげほっぽ心の中でつぶやく

前日クリテ後ミーティング時に立ち寄った店にあった回復にぴったりな飲み物の名前(呑んでない)。


1km弱の登りのあとは若干下ってまた登り、犬の散歩に良さそうな木の間を抜け、駐車場に入るレイアウト。その駐車場に入るコーナーと駐車場から一般公道に出るコーナー立ち上がりでインターバルがかかり心震える。


c0351373_00172971.jpg
E1 田中 隆太
photo byとくちゃん

最終コーナーは下ってからの180度ターンのため、フルブレーキングからの登り。みなさん普通に登っている感じなのだが、自分はきつい。毎周これなのかと悶えながら考える。


前につまりそうになり前から少しタイヤをずらすとすぐに後ろから詰められる。上手いなと思っていると集団最後尾に。


前方で逃げが発生すると集団は追いかけるためペースが上がる。それをなんとか耐え最終周回に。いつアタックがかかってもいいように前方に位置取ろうとするが皆同じ考えのため、道いっぱいに広がり牽制ムード。

c0351373_00181540.jpg
F 早瀬 恵子

最終コーナー、立ち上がりで皆が踏む。と、落車発生。何とかかわし、踏むも先頭は小さくなりつつある。最後までなんとか踏み続けゴール。


満足いく順位ではなかったが、課題もみつけレースを楽しめたし、国内外のプロ選手のレースを生観戦出来たため、実りの秋に収穫有りの遠征になりました。

c0351373_00184877.jpg
E1 レース前ミーティング

最後にレース関係者の皆様、チーム関係者の皆様、オンラインや現地で応援いただいた皆様、ありがとうございました。

今週末は山口は大星山のヒルクライム。

自分のJBCF最終レースのため全力を尽くしたいと思います。


※リザルト

E1
11位 横手 徳広 time 1:00:00(+top 00:05 )
27位 田中 降太 time 1:05:40(+top 05:46)

F
8位 早瀬 恵子 time 37:58 (+top 1:00)


by velocafevoyage | 2018-10-16 00:20 | voyAge roadracers | Comments(0)