<   2016年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2016.7.10 さくらおろち湖サイクルロードレース

皆様、はじめまして。
先日からvoyAge cycling team のマネージャーになりました種子田です。

7月10日 炎天下の中、「さくらおろち湖サイクルロードレース🚴」が開催されました。

渡部選手・佐久間選手が選手権クラス(12.3㌔/周×5=61.5㌔)に出場のため、微力ですがマネージャーをしてみることに。

マネージャー目線で感じたことを苦手な日本語でレポートします。


当日5:30に監督が迎えに来てくれるため4:30起床し、入念に日焼け止めを塗ります。
入念にです。

8時頃には会場到着。
山奥のため涼しいかと思いきや、ジリジリと強い日差しで立ってるだけで体力消耗します。

渡部選手・佐久間選手は到着してすぐにアップを開始。
マネージャー新人の私は、監督と共に受け付けを済まします。
予備用ホイールに空気を、空気つぎだけは自信をもって入れれました。

今回のレースは1周回から4周回まで毎周回補給が認められてます。

この炎天下。
補給必須は新人でも理解できます。
今日一番の大仕事。
補給の受け渡しの練習を監督、渡部選手に指導していただき本番を迎えます。


本番の前に心強い応援団、渡部選手の御両親、お姉さん夫婦と甥っ子さんが到着しました。
渡部選手のレース姿を初めて見られるそうで、応援にも熱がはいります!

c0351373_15473470.jpg
スタート前の作戦会議


10:00 選手権クラスのスタートです。
私の戦いもスタートです。


補給を渡せなかったら選手は生きて戻れないかもしれません。
私も生きて広島に戻れないかもしれません。
監督と補給の準備をします。
渡部選手は予備の2本のボトルすべて氷水で用意し回収した1本目のボトルはアミノ酸入りのため洗って氷水。
佐久間選手は水色のボトル(粉入り)→紫のボトル(粉入り)→回収した赤のボトル(アミノ酸入り)を洗って氷水。

頭の弱い私の限界の挑戦です。

監督と補給失敗のパターンも考え、シュミレーションします。
監督が渡部選手の補給
私が佐久間選手の補給
でいくことへ。


[1周回]
緊張の中補給エリアに立ちます。
渡部選手・佐久間選手ともに先頭集団で帰ってきました!
いつもは声を出して応援するのですが、新人は緊張のあまり無言でボトルを差し出すのみです。

佐久間選手は笑ってるようにも見えました、、、
笑ってたと思うことにします。

両選手とも、遠目からみても汗が吹き出てるのがわかりましたが、補給は不要。


[2周回]
緊張も溶けかけます。
2周目からはストップウォッチの係りもあると聞き、再び緊張の予感が。
すかさず『ボトル渡しつつストップウォッチ見る自信がない、、、』と懇願します。
新人特権でまずはボトルに専念に。
私が両選手のボトル渡し、監督はボトル渡し失敗した時用とストップウォッチ係りをすることに。

そーこーしてると、先頭バイクが戻ってきます。
先頭4~5人に両選手はいません。
何人か通りすぎ、10番位の4人程度の集団に佐久間選手登場です。
やはり、笑顔に見えます。
私は手をあげ存在をアピール。
今日一の緊張Maxの中、初ボトル渡し成功。
佐久間選手も初ボトル受け取り成功。

c0351373_15473551.jpg
ボトルを渡す種子田マネージャーと受け取る佐久間選手



安心もつかの間、私の後ろにダンディな渡部選手のお父さんが、
お父様『あれかの?』
私 『・・・では、ないですね。』
お父様『あれかの?』
私 『・・・では、ないですね。』
を繰り返してるうちに渡部選手の登場です。
渡部選手へのボトル渡しも成功。


[3周回]
一時も曇りにならない炎天下でどの選手も疲労が伺えます。
再び補給エリアに立つと、ある一人の選手が
『どなたか、水をわけてください。水をお願いします』
と、悲痛の声が聞こえます。
私の左手に佐久間選手の粉入り紫ボトル。
右手に渡部選手の氷水ボトル。
あるっちゃあるけど、こちらも2名の選手の死活問題になるため渡せず。
隣にいたスポーツクラスを終えられた紳士が水を掛けてました。
補給がなくなった選手の姿を見て、必ず渡さなきゃいけないって強く思いました。

佐久間選手は同じような順位でボトル渡し成功。
やはり、笑ってるように、、いや、苦痛の表情にも見えてきました。

渡部選手は前周より少し下がり、下を向いてる事が多く感じました。
手をあげ存在をアピールしますが、左に寄ってきません。
先程のスポーツクラスの紳士から『気付いてないんじゃない?』と、アドバイスしていただき、
「ベーション!ベーション!!」と執拗に声をかけ、
渡部選手はしんどい登りのホームストレートで『つぎ・・・』と。

渡部選手が通りすぎたあと、『ワタナベーー!ワタナベーー!!』と、
息子を応援するお父様の熱い声援が聞こえました。
私まで嬉しく感じました。

c0351373_15473473.jpg
渡部選手


[4周回]
最後の補給の準備をします。
クーラーBOXの氷もほぼ溶けつつあり、大切な大切な氷を2つ落としてしまいます。
すかさず監督が拾い『渡部選手はお腹強いから!』と手で洗い、渡部選手のボトルへin。
知らぬが仏、、、私の好きな言葉です。

最終周回へも同じような位置、10番位の3~4人の集団で佐久間選手ボトル渡しへ。
さすがに、笑顔より苦痛の表情だと確信。
ラスト1周耐えてほしいです。

ストップウォッチ片手に監督が近寄ってきます。
『厳しいかも。あと、1分30秒、、』
このレースは先頭から10分経過するとDNFとなります。
ホームストレートに3名見えてきますが、渡部選手ではありません。
渡部選手が見えてきた頃には、赤旗を持った審判員がゴール前に立ちました。
渡部選手は、DNFと理解しつつも私のボトル渡し慣れのために、ボトルを受け取ってくれました。
さすが、我らのキャプテン。


[5周回ゴール]
先頭から10番位の3人程度の集団にいたと思われた佐久間選手は、やや下がり13位で無事完走✨

c0351373_15473433.jpg
ゴール前の佐久間選手


ボトル受け取りの度に減速しすぎて差が開いていた模様。
ボトル受け渡しの練習がしたいと思いました。

また、日焼け止めを入念に塗りましたが肩甲骨から頸にかけてヒリヒリときてます。こちらも練習が必要です。

今回、JBCFのレースではないためポイントはありませんが、長距離のレースはなかなかないため、レース経験をするため出場すると聞きました。
今日の走りが次のレースに繋がると信じてます。

<選手をサポートする>

この言葉を自信もって言えない新人マネージャーですが、
これからもvoyAge cycling team、マネージャーの
応援をよろしくお願いいたします。


種子田 幸恵。


<レース結果>
佐久間選手 13位
渡部選手 DNF

c0351373_15450191.jpg





おまけ
c0351373_15473554.jpg
渡部家(笑)

by velocafevoyage | 2016-07-11 19:00 | voyAge roadracers | Comments(0)

7月9日(土)開催「voyAge touring "The Healing Song''096」の日記

◆ 7月9日(土)
「voyAge touring "The Healing Song''096」

Kei。。。(^o^)v



「.o.o.o.歩いた .o.o.o.担いだ .o.o.o.また 歩いた。0.0.0.」

行って来ました!芸北に♪

c0351373_12561174.jpg




前日までの雨。。見事に止んで、一転 サイクリング日和です♪

誰が日頃のオコナイが良かったのか ここでは問うまい。。(^-^)

c0351373_12593436.jpg


まーすぐな道。。ここには、あります!


c0351373_13071627.jpg




このエリアならでの、牛の「吉田くん」にも会えました(^0^)/

c0351373_13012419.png

快走!


c0351373_13371647.jpg

の~んびり、休憩。。。

c0351373_13375078.jpg

そんな、サイクリング好きですか?!










さて、本日のメインイベント!

雲月山を目指します.o.o.o

c0351373_13025752.png
雨あがりの草木の発する爽やかな におい。。ご存知ですか?

爽快なロードを、の~んびりと景色を堪能しながら登ります♪

c0351373_13053793.jpg

壮大な景色に見とれていると あっと言う間に。。。

c0351373_13092051.jpg

頂きに.o.o.oo.

そして、
その先を見つめる彼女たち。。。。。




「.o.o.o.歩いた .o.o.o.担いだ .o.o.o.また 歩いた。0.0.0.」


c0351373_13264999.jpg
その一瞬に 出会うため。。。


c0351373_13282605.png
その瞬間に 一緒に居たいから。。。


c0351373_13290224.png
歩いて行くのです!!

c0351373_12561174.jpg

この景色。。
一生 忘れることはないだろう(^^♪


ありがとぉぉ みんな!!






おまけ。。
voyAge cycling の聖地「亀山八幡宮」


c0351373_13363375.jpg



by velocafevoyage | 2016-07-11 13:47 | diary | Comments(0)

7月31日(日)「voyAge touring 'shambhala' 100」

●7月31日(日)
「voyAge touring 'shambhala' 100」


c0351373_17472157.jpg



●「velo cafe voyAge」は、2015年にオープンし、それ以降続けてきた「voyAge cycling」シリーズもいよいよ第100回を迎えます。この第100回記念ライドは旅指数「★★★★★」の最高難度でお届けいたします(^◇^) 一緒に素晴らしい「記憶」を創造しようじゃありませんか~。

●「velo cafe voyAge」が入る「古民家輪」に集合、出発で、「益田市」を目指しましょう(^◇^) 「日本海」で記念撮影したら、帰路は「裏匹見」からです。昨年の同ルートイベントではパンクが多発し、良い想ひ出になりましたが、その辺は「voyAge cycling team roadracers」がサポートいたしますのでご安心下さい(^◇^)

●走行距離260km の楽しい遠足を皆で一緒に楽しみましょう~(^◇^)



集合/発着   「古民家輪」
集合時間    6時
走行距離    260km
旅指数     ★★★★★
ペース     fast

ガイド料    3000円(voyAge cycling team ステッカー付)


参加は必ずポチっとお願いいたします(FaceBook) ↓
https://www.facebook.com/events/1079901538711616/
●お電話にて参加申込の方は 古民家「輪」0829-30-6936 まで。




参考ルート ↓
c0351373_17422856.png





【ガイドプロフィール】
野村彰浩 / 実業団エリートライダー。語学力を活かし、外国人向けのツーリングガイドも務める。レース以上にツーリングを好む。特技は写真とピアノ演奏。珈琲に詳しい。赤十字救急法救急員。ガイド実績 → http://cyclingtips.com.au/2014/10/roadtripping-japan/  『ELLE men thailand edition issue24』にて、しまなみ海道でのガイドの様子を紹介していただきました ↓
c0351373_1744114.jpg





※当日の天候、進行状況に応じてルート変更も(^◇^)
※自転車保険(又はそれに該当する保険)加入者のみ参加可能(^◇^)
※色々、様々、諸々・・・自己責任でね(^◇^)
※イベントではガイドの指示に従って頂きます。早期に、参加者が完走不可能だと判断した場合、その時点で離脱、引き返して頂く場合もございます。他の参加者の安全を優先する為です。その場合のガイド料払い戻りはありません。ご了承ください(^◇^)


★☆☆☆☆ → 距離20~50キロで平坦基調。巡行15~25キロ。
★★☆☆☆ → 距離50~70キロで平坦基調。巡行25キロ前後。
★★★☆☆ → 距離100キロ前後で多少の登りも。巡行27キロ前後。
★★★★☆ → 距離100キロ~160キロで変化に富んだルート。巡行30キロ前後 。
★★★★★ → 距離160キロ以上で変化に富んだルート。巡行35キロ前後。
by velocafevoyage | 2016-07-08 17:48 | event | Comments(0)

2016.07.02_03 レースレポ 第50回 JBCF 西日本ロードクラシック

voyAge cycling teamの若林です。


7月2日〜3日、2日間に渡り、広島県中央森林公園サイクリングコースで第50回 JBCF 西日本ロードクラシックが開催されました。


自分は7月3日の「西日本ロードクラシックDAY2」に出場してきました。

以下レースレポです。


今回のレースは自分が特に苦手とするコースで若干テンションが下がり気味で当日を迎える。

とはいえ、コースを走った回数でいえば出場選手の中ではトップクラスという自負はあった。

あくまでも「回数」だけ。。。

出走選手が127名と、今まで自分が参加したレースのなかでは最も多く、それも不安にさせる要因の一つだった。

しかしそこは開き直ってレーススタート。


スタートして200メートルくらいは非常に密集度が高く、いきなり他の選手と体が接触してヒヤリとしたがコケることもなくパスできた。

前半は下り区間が多くスピードが乗るところではあるが、コースを知っている選手とそうでない選手の速度差が大きく、自分はノーブレーキでスッと走りたいのに思うように集団のペースが上がらず無駄な減速を余儀なくされた。

下った勢いで上り坂を楽に登れるところがいくつもあるが、下りのペースが上がらないこともあって登り坂でわりと脚を使うシーンが多く、いきなり苦しい。


c0351373_19223878.jpg
DAY-2 若林選手


しばらく進むと、中央森林公園サイクリングコースの一番の勝負どころ「三段坂」と呼ばれる坂がある。

ここをうまくクリアしなければあっという間に集団から置いていかれてしまう。

自分のような登り坂の弱い選手はこの三段坂を先頭で入ってギリギリ最後尾でもいいから集団から千切れないように走るのが勝つための絶対のセオリーだ。

と、いろんな強い選手から教えてもらったことがあるので、そのセオリーどおりの走りをしようと試みる。

しかしこれまたかなりキツい。

一周目にしてこの有様だから、あと2周ももつのかどうか不安になる。

c0351373_19244818.jpg
DAY-2 齋藤選手


三段坂を超えると、第二の勝負どころである「展望台の登り」を迎える。

ここも先ほどのセオリーどおりに、、、そんな余裕もなくただひたすら千切れないようにがむしゃらにペダルを回す。

ここで心拍が200に達し、三途の川が見えそうになる。

なんとか展望台をクリアすると急な下り坂になり、体重が重い自分はペダルを回さなくても簡単に集団についていけるので、ここで脚を休めて回復を図る。

そのままゴール地点に戻り、2周目に突入。

1周目と同様に展望台の登りをクリアしたところで、突然両足のふくらはぎが攣る。

残り15kmもあるのに。。。


c0351373_19223868.jpg
DAY-1/DAY-2両日出場 佐久間選手


攣った脚をなんとかごまかしながら3周目に入ったが、最終周のため、ゴールに向けて三段坂のペースが更に上がり、苦手な立ち漕ぎやらを駆使するも、ついに千切れてしまう。

三段坂を登り切った時には集団との差は数秒だったが、次の展望台でその差はさらに広がってしまい、リカバリできる差ではなくなってしまった。

その後は千切れた数人でゴールした。


結果は到底納得できるものではなかったが、密集した状態での下りのコーナーに対する苦手意識は、以前より幾分改善された用に思う。

しかし、全体を通して実力不足な感が否めず課題が多いレースだった。


c0351373_19230240.jpg

DAY-1 渡部選手


c0351373_19232215.jpg

DAY-1 秋嶋選手


c0351373_19234244.jpg
DAY-1 横手選手


また、テント設営や補給食の準備、各種手続きを行ってくれるメンバーのおかげで自分たち選手は精一杯走ることができた。

実際に走る選手だけでなくこういうメンバーも含めてvoyAge cycling teamなんだと実感した。


c0351373_19223847.jpg
アップ中の選手を扇ぐサポートスタッフ


そしてそれ以外にも各種サポートや応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

次回はより良い結果が残せるようがんばります。


c0351373_19340471.jpg
苦しい場面でこんな嬉しい応援も!


若林孝紀


<レース結果>

第50回 JBCF 西日本ロードクラシック Day-1

E2 12.3km×4周回 (49.2km)
 渡部選手 69位 1:26:29 +9:32

E3 12.3km×3周回 (36.9km)

 佐久間選手 37位 1:00:37 +3:07
 横手選手 93位 1:06:03 +8:33
 秋嶋選手 DNF 落車


第50回 JBCF 西日本ロードクラシック Day-2

E2 12.3km×4周回 (49.2km)
 齋藤選手 33位 1:22:25 +4:25
E3 12.3km×3周回 (36.9km)
 若林選手 27位 59:06 +00:52
 佐久間選手 50位 1:00:56 +2:42


by velocafevoyage | 2016-07-04 19:36 | voyAge roadracers | Comments(0)

7月16日(土) 「voyAge cycling "BLUE ETAJIMA ''098」

◆7月16日(土)
「voyAge cycling "Blue ETAJIMA''098」




c0351373_16415517.jpg




●青い海と 青い空

c0351373_13193776.jpg


おだやかな波と ほのかに揺れる漁船 


c0351373_13191797.jpg

瀬戸内の景色 見過ごしていませんか。。


c0351373_13192629.jpg




ランチはもちろん、あの評判の「キッチン HAMA」さんちで



c0351373_15250703.jpg



大満足の人気 日替わりランチ!!

島で四代続く老舗『仕出し一光』のお惣菜ショップとして約10年前にopen。
店内での食事メニューを提供するようになって、この秋で4年を迎える『キッチン&カフェhama』。

日替わりランチはメイン+3品で750円。その上、プラス200円でお刺身、プラス250円でケーキセットが追加できます。
充実したメニューとその味に大満足なのです♪(´∇`)



食後のコーヒーは、こちらで(^^♪

c0351373_13193460.jpg

「夢来来」オーナー手作りのデッキで、の~んびりしましょう♪

そーです!キーワードは「の~んびり」です(^-^)v


帰りは、皆さんの の~んびり具合でフェリー時刻を決めましょう。

c0351373_13192277.jpg

そんな、のんびりとしたサイクリングに行きましょう♪





集合場所: 宇品港 
集合時間:9:30
出発時間:10:00(切串行フェリー)・サイクルクルーズパスをご利用ください。
対象(旅指数):★★☆☆☆(巡行速度20キロ~25キロ)/ 坂は★☆☆☆☆

行程:宇品港~江田島青少年交流の家~しびれ峠~柿浦~ランチ~サンビーチおきみ~夢来来~三高港~宇品港
距離:43キロ
料金:1,000yen(ガイド料・voyAge coffee券1枚付)・ランチ代別途


参加はポチっとお願いします ↓ ↓



●お電話にて参加申込の方は 古民家「輪」0829-30-6936 まで。

※当日の天候、進行状況に応じてルート変更も(^◇^)
※自転車保険(又はそれに該当する保険)加入者のみ参加可能(^◇^)
※色々、様々、諸々・・・自己責任でね(^◇^)

~ご参考~
★☆☆☆☆ → 距離20~50キロで平坦基調。巡行15~25キロ。
★★☆☆☆ → 距離50~70キロで平坦基調。巡行25キロ前後。
★★★☆☆ → 距離100キロ前後で多少の登りも。巡行27キロ前後。
★★★★☆ → 距離100キロ~160キロで変化に富んだルート。巡行30キロ前後 。
★★★★★ → 距離160キロ以上で変化に富んだルート。巡行35キロ前後。




by velocafevoyage | 2016-07-04 16:18 | event | Comments(0)