2018.10.20 第5回 JBCF 大星山ヒルクライム

voyAge cycling teamの田中です。

大星山ヒルクライムに参戦してきました。


c0351373_08251553.jpg
E1 スタート前


今年は去年と違い天気も良く気温もちょうどいい感じでした。

アップは軽めですませて、早めにスタート位置についてストレッチなどをしてスタートまでを過ごしました。


c0351373_08260527.jpg
E1 横手 徳広


スタート後登り始めでTeam UKYO Reveの岩本君が1人飛び出したのを見ましたが、自分は集団で走るのでギリギリだったので動けず、ちょっとずつ後方に落としていきました。

c0351373_08272390.jpg
E1 佐々木 均


チームの横手さんはいい位置にいたのでこれは期待できるかなって思いました。

アップダウンが終わり登りが始まってすぐ集団から千切れてあとは淡々と1人でゴールまで走りました。

c0351373_08261490.jpg
E1 田中 隆太

自分としては力がないのは分かっていましたが、それが気持ちにも現れてしまったのが残念でした。

c0351373_08282591.jpg
F 早瀬 恵子

自分は今年のレースは今週で終わりなので、冬にしっかり走って、来年の春からいい成績が出せるように頑張ります。


c0351373_08291223.jpg
大星山の風の妖精「かんぷうくん」と。



✳️リザルト✳️
E1
7 位 横手 徳広 time 22:01(+top 01:24)
16位 田中 隆太 time 22:51(+top 02:13)
23位 佐々木 均 time 24:37(+top 04:00)

F
4 位 早瀬 恵子 time 33:48(+top 05:27)


# by velocafevoyage | 2018-10-22 08:31 | voyAge roadracers | Comments(0)

2018.10.14 第5回 JBCF おおいたサイクルロードレース

voyAge cycling teamの横手です。

14キロのアップダウンがあるコースを10周するレース。

おおいたサイクルロードレースは九州在住の私としては地元感満載のレース。

uciレースが前座(笑)という贅沢なレースでレース観戦も楽しめるという一石二鳥の大会(観戦出来るがレース前のためあまり余裕なし)。

c0351373_00151122.jpg
E1 横手 徳広

今年は去年の雨のとは打って変わって秋晴れの中のレースでした。


レース前にJBCF片山理事長より、クリートのキャッチミスしないようにと注意があったのにキャッチミス。2列目くらいに並んだのに最後尾近くまでポジションチェンジ。最初から波乱を感じさせる展開に。はまらないまま坂を登りきりやっとクリートをはめペダルを回す。


アップが足りないせいか、なかなか力が入らず順位は後方のまま。

前方にチームメイトの田中選手が見える。

ほげほっぽ心の中でつぶやく

前日クリテ後ミーティング時に立ち寄った店にあった回復にぴったりな飲み物の名前(呑んでない)。


1km弱の登りのあとは若干下ってまた登り、犬の散歩に良さそうな木の間を抜け、駐車場に入るレイアウト。その駐車場に入るコーナーと駐車場から一般公道に出るコーナー立ち上がりでインターバルがかかり心震える。


c0351373_00172971.jpg
E1 田中 隆太
photo byとくちゃん

最終コーナーは下ってからの180度ターンのため、フルブレーキングからの登り。みなさん普通に登っている感じなのだが、自分はきつい。毎周これなのかと悶えながら考える。


前につまりそうになり前から少しタイヤをずらすとすぐに後ろから詰められる。上手いなと思っていると集団最後尾に。


前方で逃げが発生すると集団は追いかけるためペースが上がる。それをなんとか耐え最終周回に。いつアタックがかかってもいいように前方に位置取ろうとするが皆同じ考えのため、道いっぱいに広がり牽制ムード。

c0351373_00181540.jpg
F 早瀬 恵子

最終コーナー、立ち上がりで皆が踏む。と、落車発生。何とかかわし、踏むも先頭は小さくなりつつある。最後までなんとか踏み続けゴール。


満足いく順位ではなかったが、課題もみつけレースを楽しめたし、国内外のプロ選手のレースを生観戦出来たため、実りの秋に収穫有りの遠征になりました。

c0351373_00184877.jpg
E1 レース前ミーティング

最後にレース関係者の皆様、チーム関係者の皆様、オンラインや現地で応援いただいた皆様、ありがとうございました。

今週末は山口は大星山のヒルクライム。

自分のJBCF最終レースのため全力を尽くしたいと思います。


※リザルト

E1
11位 横手 徳広 time 1:00:00(+top 00:05 )
27位 田中 降太 time 1:05:40(+top 05:46)

F
8位 早瀬 恵子 time 37:58 (+top 1:00)


# by velocafevoyage | 2018-10-16 00:20 | voyAge roadracers | Comments(0)

2018.10.13 第5回 JBCF おおいた いこいの道クリテリウム

voyAge cycling teamの早瀬です。

10月13、14日は大分市内で

『OITAサイクルフェス!!!2018』

が開催されました。
今年からUCIアジアツアーに登録し国際大会となったため、海外からの選手も多数参加して観戦も楽しみな本イベント‼️

そんな中、私は同日開催の第5回 JBCF おおいた いこいの道クリテリウムに出場してきました。


朝3時半に広島を出発し、道中ツール・ド・フランドルやパリ〜ルーベのDVDを観戦しながら(田中くん運転ありがと〜)テンション上げて大分へ到着。
会場設営の様子を見ながら、

UCIレースの観戦が楽しみでワクワク♫
後にある自分のレースを思い出してソワソワ💦

を繰り返してました。


c0351373_21273081.jpg
F 早瀬 恵子 
photo by あべちゃん

フェミニンクラスは1周回1㎞を15周。
今まで参戦したクリテリウムは完走したことがなく、先週ひいた風邪も少し残っていたりと、どうなるやら不安なスタート前。
マネージャーの種ちゃんから『楽しんで〜』と声をかけてもらい、少し緊張もほぐれてスタート位置に並ぶ。

c0351373_21303285.jpg
マネ種
              photo by あべちゃん

スタートしてからは、それほど速度も上がらず落ち着いたまま周回を重ねる。

中盤から何度かアタックする選手が出て速度が上がると、周を重ねるごとに私はついていくのが必死になっていく。

実力不足なのは重々分かってるけど、なんとか食らいつきたいと思いながら走る。


c0351373_21324496.jpg
E1 横手 徳広
         photo by トミー


何度も速度は上がり千切れるが、その後集団は落ち着くため、頑張って追いつくを繰り返す。
そして最終周。

速度が上がった集団について行けず、千切れてそのままゴールとなりました。

c0351373_21355274.jpg
E1 田中 隆太
         photo by トミー

今週末の山口のレースで今シーズンラスト。
最後まで気合い入れて走りたいと思います。

応援ありがとうございました(๑˃̵ᴗ˂̵)



※リザルト

E1
23位 横手 徳広 time 36:09 (00:05)
DNF 田中 隆太

F
6位 早瀬 恵子 time 26:12 (00:10)


# by velocafevoyage | 2018-10-15 21:38 | voyAge roadracers | Comments(0)

2018.09.23 第5回 道の駅グルメライドin中国山地

voyAge cycling team 渡部です。



923()
広島県三次市にて「第5回道の駅グルメライドin中国山地2018」が開催されました。

c0351373_17291970.jpg


今回のイベントの参加については三次市にある「サイクルショップつじの」さんからお声かけいただきTBC(Tsujino- Bicycle-Club)のメンバーのみなさんを中心にサポート業務をさせていただきました。

c0351373_17292810.jpg


チームからは渡部と世に姿を滅多に姿を見せない柔道和田の2人で参加。


c0351373_17293588.jpg


このイベントは全長124kmのコースの内6つの道の駅を巡って地元グルメを堪能できやまなみサイクリングロードを気持ちよく走ることができます。

c0351373_17294093.jpg


ゲストライダーはヴィクトワール広島

c0351373_17294784.jpg


多方面から316名のサイクリストがエントリーされ、三原市から自走参加の60代のパワフルおじさんや九州から親子参加のお母さんとかいろいろな方ともお話しでき、サポート業務をこなしながらも参加者のみなさんとふれあうことができました。

c0351373_17295289.jpg


エイドステーションで地元の方と写真を撮っていただきました。


...
母です()

c0351373_17295760.jpg




今後もこの道の駅グルメライドin中国山地を通じてやまなみの自然や美味しいグルメをたくさんの方々に感じていただけたらと思います。


# by velocafevoyage | 2018-09-25 17:34 | event | Comments(0)

2018.09.16 第3回 JBCF 維新やまぐちクリテリウム

突然ですが!


voyAge cycling team
の藤田です。


9/16
維新クリテリウムのレポートです。

c0351373_10181567.jpg
E2 藤田 宏平選手 優勝!!



選手は皆、自分が狙ってるレースに向けて練習、調整をします。


今回その調整をミスり疲労を残したまま、更に左脹脛、ハムストリングに変な張りをもったままレースに挑みました。

c0351373_10183178.jpg
F 北野 寿枝選手
photo by Takehito Kawakami 

不安や色んな思いが巡り、いつもになくナーバスになってました。


また悪い事は重なり、レース前にetapの電池が危機的状況と気付き焦って山根さんに電話してバッテリーを借りる始末。

c0351373_10182415.jpg
F 早瀬 恵子選手
photo by Takehito Kawakami

E2 のレースにvoyAge cycling teamから3名出場。

c0351373_10182253.jpg
E2 渡部 譲二選手  秋嶋 優佑選手

レーススタート前に降ってた雨も上がり路面はドライコンディション。


コースは登りと降りを2つの180°ターンで繋いだ11.3km×20周。


ローリングスタートしてバックストレートに入ったところでレーススタート!


一気にペースアップ!


脚を残しながら終始510番手あたりでレース展開。

c0351373_10181768.jpg
E3-2 有元 寛貴選手

180°ターンを立ち上がるところで皆んなダンシングでガシガシ踏んで後ろを振るいにかけるが、自分は脚を最後まで残したかったので、180°ターンを立ち上がり重視のラインで走り、コーナー曲がり切る前から早目にシッティングで踏んで立ち上がる。


コースの性格上、この2つの180°コーナーを上手く回らないと地獄のインターバルをする事になります。

集団内で大人しくレース展開してた5周目辺りで渡部選手がアタック!


集団前方5秒くらいのところで先頭を引き倒す。


この後、何人かアタックかけるも決定的に決まらず集団でレースが進んでいく。

c0351373_10180930.jpg
E1 田中 隆太選手
photo by Takehito Kawakami

残り7周辺りで、今まで大人しくしてた暴走機関車の秋嶋選手の破壊的アタック!


これが決まり、秋嶋選手ともう1名で逃げ体制になる。


これに乗ろうかと思いましたが、残り周回を考え集団内に残る事に。


残り5周を過ぎたところで集団のペースが上がって逃げてる2名を吸収。


残り3周、トップ集団の1名がアタック。


これは容認出来ないのですぐにチェック。


このアタックで先頭集団が5名に絞られる。


先頭のペースが上がるも少々牽制モード。


残り1周のベルが鳴った所で1名がアタック!


これに乗っかり2位で1コーナーを曲がる。


立ち上がって1位の選手が逃げ体制になるもドラフティングでついて行く。


バックストレート中盤で先頭交代の合図が、、、


ここで変われって、、、と思いましたが、逆に脚が残ってないのかと思いアタック!


これが上手く決まり、2

位の選手は自分のドラフティングに入れなかったみたいです。

c0351373_10181209.jpg
E1 横手 徳広選手
photo by Takehito Kawakami



その後はテクニカルなS字区間をクッションパッドに肩を擦りながらギリギリの走行。


最終コーナー手前で
『大事に!落車気を付けて!!』
という声援で少し冷静さを取り戻し最終コーナー突入。


最終コーナー立ち上がって、そのままラストスプリントに入る。


あの時は後ろを見る余裕が無く、更に後ろにつかれていると思い込んでたので無心で踏み倒す。

c0351373_10181975.jpg
藤田 宏平選手 トップゴール!!

ゴールラインを抜けてようやく勝てたと我に返る。


後ろから追われたと思ってたのでガッツポーズなんてする余裕無し(笑)



凄く色んな事を考えて走ったレースでした。


voyAge cycling team
に勝ちが付いたのがとてもうれしいです!


c0351373_10182670.jpg
藤田 宏平選手 表彰式


いつも応援ありがとうございます。



※リザルト※

1 1.3km×25周(32.5km

横手 徳広 DNF

田中 隆太 DNF



E2 1.3km×20周(26km

藤田 宏平 優勝 time 40:26 +top 00:00

渡部 譲二 20位 time 41:45 +top 01:18

秋嶋 優佑 21 time 41:45 +top 01:19



E3-1 1.3km×15周(19.5km

細川 貴弘 DNS

E3-2 1.3km×15周(19.5km

有元 寛貴 16 time 31:13 +top 00:14



F 1.3km×20周(26km

北野 寿枝 DNF

早瀬 恵子 DNF


# by velocafevoyage | 2018-09-18 10:59 | voyAge roadracers | Comments(0)